HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼


ベトナムの飲食市場は著しい成長を見せている。多くの新しいレストランやカフェが誕生し、拡大が続いている。中でも、日本食レストランの発展は目を見張るものがある。


■ベトナムで好まれる日本食、大手チェーンも拡大計画


ベトナムにある飲食店は約54万軒。その内訳は、小規模食堂:43万軒、外資系レストラン:8万軒、カフェやバー:2万2,000軒、ファストフード:7,000軒となっている。

ベトナムにおける日本食レストランの発展のスピードは速い。背景には、子供に安心安全なものを食べさせたい、あるいは日本式で子供を育てたいというニーズの高まりがある。特に果物や新鮮な魚介類が、続々とベトナムに流入している。

Foodyによると、ベトナムには1,000軒の日本食レストランがあり、ホーチミン市だけで730軒あった。そのうち50%の店舗が日本人による経営だが、客の90%はベトナム人。日本食はベトナムで好まれる傾向にあり、現在も非常に競争が激しい。

大手食品チェーンのGolden Gate社は2018年中に316店舗を、Redsun社は2021年までに450店舗を展開する計画を立てたが、特に力を入れるのが日本食レストランだ。

現在、ホーチミン市のYen Sushi、Sushi Hokkaido Sachi、ハノイのKimono、New Sake、Sushi Houseなどの高級日本食レストランが絶大な人気を誇る。5つ星ホテルやリゾートでは、2018年6月にオープンしたMarriott JW Ha NoiのレストランAkira Back、ホーチミン市日航ホテルで長年経営を続ける富士などが人気だ。

ベトナム人消費者は、美味しく、健康に良く、安心安全で衛生的な食品に対し、これまで以上に強い関心を示している。オーガニックなどの安全な食品や日本、アメリカ、オーストラリア、フランスなどの先進諸国の輸入食品が特に人気を集める。中でも、日本ブランドへの信頼は高く、日本食品を選ぶ消費者は多い。


■流通網の拡大と品質の維持が重要


Akuruhi、Genki Japan House、Simba、Tokyo shop、Tokyo martなど、多くのサプライヤーがあらゆるルートで日本食品を輸入・流通させており、AEON、FamilyMart、MINISTOPなど日本の食品を扱うスーパーやコンビニエンスストアが続々と誕生している。

JETRO(日本貿易振興機構)や経営コンサルタント会社Forval Vietnam社によると、日本のサプライヤーはベトナムでの流通拡大を進めており、ベトナムをビジネス発展のための戦略的市場と位置付けている。そうした動きから、日本貿易商談会が日本やベトナムの各地で開催されている。

2018年6月、Forval Vietnam社は、Genki Japan House、Dinh Phong、Simba、Golden Gate各社を八戸市に招き、青森県でホテルやレストランへの供給を専門とする水産、加工、調味料などの企業22社との商談会を開催した。

最近では11月25日から12月2日まで、JETROに招待されたGenki Japan Houseが、オーストラリア、アメリカ、ポーランド、フランス、中国、タイを代表する6企業とともに、沖縄と熊本の商談会に参加した。日本の加工工場や食品卸売業者など115以上の企業と交渉した。日本の生産者と直接コミュニケーションを取り、理解を深め、ベトナムで展開する商品を選ぶ貴重な機会となった。

日本食品市場にも様々あり、日本から直接輸入した製品だけでなく、日本以外で生産されたものもある。シンガポール、タイ、インド、中国、ベトナムの合弁企業で生産された製品などだ。レストラン、ホテル、一般消費者は、用途や求める価格帯から自分に合った商品を選ぶことができる。

日本食品を扱うベトナム企業が、日本食品の品質を維持し、客の心を掴むには、食品保管、販売、流通チェーン、正確な市場分析、原産地、品質検査の結果などあらゆる点に配慮しなければならない。


(Doanh Nhan Sai Gon 12月12日,P23)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』(https://www.toho.com/news/)をご覧下さい。

(2019/04/18 06:31更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.