HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

安倍首相ベトナム訪問、TPP捨てぬよう指導陣説得

 安倍晋三首相が1月16~17日にベトナムを訪れる。安倍首相は今回の訪問で、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定が実現するようその努力を捨てないようベトナム首脳を説得する考えだ。1月11日、柳淳次席公使がメディアの取材に明らかにした。

 3回目となる訪問で安倍首相は、ベトナムの新指導陣との関係を強化することを望んでいる。戦略的認識の共有と、現在の国際・地域情勢における協力強化を目指したものでもあり、双方は引き続き、海上法執行能力の強化で協力し(ベトナムへ新造巡視船の供与を約束)、安全保障・国防協力対話を促進する。日本は、インフラ開発を中心にベトナム支援を継続し、文化・スポーツ協力、国民交流を促進する。この訪問で安倍首相は、早期のTPP展開と東アジア地域包括的経済連携(RCEP)締結に向けて、貿易自由化を進めることを約束する。

 TPPについて柳氏は、米国のみならず反対勢力はどこの国にもあるが、米国は離脱すれば、米国製品に高税を課され損害を被るとした。日本の国会が先駆けてTPPを承認したのは、地政学的意味を持つ経済協定から離脱しないよう米国を説得するひとつの方法で、日本はベトナムも引き続き追求することを望んでおり、今回の訪問で安倍首相はTPPが実現するようその努力を捨てないようベトナムの指導者を説得する。

 安倍首相の訪問は、3月に予定されている天皇・皇后両陛下のベトナム訪問の準備の意味合いもある。

(Tien Phong)



※『ベトナム最新情報』のご案内※

 『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナム最新情報』(http://www.toho.com/news.html)をご覧下さい。

(2017/01/13 08:32更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報 4010号 目次(05/27)
[政治・経済キャットフィッシュ輸出、欧米向け大幅減・中国向けで大幅な伸び(05/27)
[政治・経済カントー川にかかる橋、ODAで建設・観光需要にも配慮(05/27)
[クローズアップベトナム最新情報 4009号 目次(05/27)
[政治・経済FECON、ホーチミン市メトロ1号線地下TBM工事に参加(05/25)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 安倍首相ベトナム訪問、TPP捨てぬよう指導陣説得 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.