HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

越国防大臣:南シナ海の現状維持、中国は「約束」していない


 中国は「約束」はしなかったが、双方は紛争を拡大、複雑化させないことで一致した。

 10月20日、Phung Quang Thanh国防大臣が国会議事堂内で、先の訪中について取材に応じた。大臣によると双方は、海上で衝突が発生した際などに、両国国防大臣が直接連絡できるホットラインの開設に関する覚書に署名した。

Q: ベトナムのTruong Sa諸島(スプラトリー諸島)での中国の人工島建設や、石油リグ「海洋981」の違法な設置について話し合われたのでしょうか?

A: 私たちは、現状を維持し、南シナ海行動宣言(DOC)を十分に実行しなければならないことを意見交換しました。共通の考えは、紛争を拡大しないということです。

Q: 現状維持について中国は何か約束したのでしょうか?

A: 約束、というものはありませんが、双方はDOCの実行で一致しました。つまり紛争をこれ以上拡大、複雑化させないということです。現在、南シナ海では、関係各国がみな建設活動を行っています。台湾も建設していますし、フィリピンも滑走路の建設を進めています。マレーシアも建設していますし、ベトナムも建設しています。これらの建設活動はみな、修理し、向上し、拡張し、島で暮らす国民や駐留部隊の台風の時期の安全を確保し、島での生活条件を確保するためのものです。しかしながら私たちの力はまだ弱く、建設の規模は中国のように大きくありません。

Q: 多くの専門家が、攻撃用の軍事基地が形成され、地域の平和に脅威を与えると中国の建設方針を懸念しています。これについてどうお考えですか?

A: それは研究者たちの予想に過ぎません。むろんいずれかの国が建設を進めれば、それは軍事基地であるわけです。重要なのは、平和、安定、協力し、武力を行使しない環境を作るために互いに一致することです。

(Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2014/10/22 03:57更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済CPTPP発効によるベトナム農産品のメリット・デメリット(03/25)
[クローズアップベトナム最新情報4555号 目次(03/25)
[インタビュー優秀なベトナム人材が不足する可能性 ~労働傷病兵社会福祉省次官インタビュー~(03/23)
[クローズアップベトナム最新情報4553号 目次(03/23)
[クローズアップベトナム最新情報4552号 目次(03/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > 越国防大臣:南シナ海の現状維持、中国は「約束」していない 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.