HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

法律・会計・労務

ベトナムのお役所手続きにおける「期日」の意味

 友人が、とある大都市でホテルの事業登録手続きをした。

 規定では、手続きはものの5業務日で済むはずだったが、彼が実際に事業許可を得られたのは、2カ月以上も先のことだった。

 規則どおりに書類を揃えた彼は、役所で窓口の順番を2時間以上待って、5業務日後に結果受領に来るよう記された、受領証を受け取ることができた。

 しかしその期日に役所に行ってみると、渡されたのは、「市は宿泊、カラオケ、マッサージ施設の新規事業登録を規制しているため、事業を実施する予定の区人民委員会に公文書で見解を聞いている」と通知する書類だった。

 それから数週間、待って、役所を訪ねて、またその他様々な面倒なこと――予定事業施設の審査やあれやこれやの書類の追加――を行ない、1カ月以上かけてようやく人民委員会の確認が完了した。

 だが事業登録は果たせても、すぐに営業開始とはいかなかった。1つ星以上の宿泊施設であることの認定手続きがあり、これも負けず劣らず疲れ果てるものだった。

 つまり、規則で定められた期日と、その実際は、まったく別のものであるということだ。

 そしてもうひとつの問題として、現在多くの地方で、事業登録にあたって勝手に条件を定め、例えばカラオケやマッサージ、宿泊施設など、「当該業種の開発計画を策定しているところ」だとか、「これらサービスの弊害を防止するため」だとか理由をつけて、様々な事業を規制している。その一方で巷には、数億ドンでこれら事業の許可申請を代行するサービスや、許可書の売買が存在している。

 企業法またその他文書では、地方がこのように規則を設けることができるなどとは、どこにも認めていないのだが。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)



※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2014/03/01 01:34更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済食品トレーサビリティ、ベトナムの消費者まだ慣れず(03/30)
[クローズアップベトナム最新情報 3963号 目次(03/30)
[事件と出来事アシアナ航空乗務員の違法外貨持込、禁固ではなく罰金刑に(03/29)
[クローズアップベトナム最新情報 3962号 目次(03/29)
[政治・経済日本でのベトナム人女児殺害事件、大使館が捜査急ぐよう要請(03/28)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 法律・会計・労務 > ベトナムのお役所手続きにおける「期日」の意味 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.