HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

法律・会計・労務

外資がスト・転職警戒、最低賃金改正で

 2014年1月1日から地域別最低賃金が月額25万~35万ドン(約13~18ドル)引上げられることで、労働集約型の外資企業に不安が広がっている。

 5,000人を雇用する、Binh Duong工業団地で履物を生産するSung Hyun Vina社の担当者は、最低賃金改正が従業員の心理に影響すると指摘する。「すでに第1地域の最低賃金より高い給与を出しているが、近隣他社が賃上げし、うちが上げなければ、従業員はストを起こすか転職する」と言う。

 輸出衣料品を生産するフランス系Scavi社の財務責任者Nguyen Chi Thanh氏は、Dong Nai省Bien Hoa工場は第1地域、Lam Dong省Bao Locとダナンの工場は第2地域、Hueの工場は第3地域に属するなど、各地の工場で異なる給与水準にしているとした上で、「従業員は1万人以上、最低賃金改正で月10億ドン(約5万ドル)程度負担が増える」と話す。

 これに備え同社では、仕入れや管理費用の圧縮、裁断工程の技術改善などでコストを節減している。ベトナム繊維協会加盟各社と連携し、賃上げによる生産コスト増を補うべく、販売価格の調整について外国パートナーとも協議する。

 一方でThanh氏は、この時期の賃上げは、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の優遇を狙い生産拡大や投資計画を持っている繊維企業の多くに、少なからず困難を引き起こすと言う。「外資企業の最低賃金引上げは近年頻繁に行なわれている。国は具体的な計画を立て、企業が事業計画を調整できるよう早期に通知すべきだ」とThanh氏は指摘する。

 先日開かれたホーチミン市人民委員会と外資企業との会議で、在ベトナム韓国商工会議所(Kocham)の事業アドバイス委員長Paik In Ki氏は、最低賃金引上げは外資企業に困難を増やし、新規投資の中止や工場を縮小する企業も多いと指摘した。

 ホーチミン市企業協会のPham Ngoc Hung副会長は、最低賃金引上げで最も企業が心配するのは、保険料の負担増だという。最低賃金に給与係数をかけ、社会・医療保険料を算出していることが多いからだ。また2014年1月1日からの最低賃金引上げは、テト(旧正月)ボーナスにも影響し、従業員のテトのケアをしっかりできない企業では、例年見られるテト明けの人材流出が起きる可能性が高いとしている。

(Dau Tu)



※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/12/26 03:30更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[統計情報鉄鋼ホアファット、36%増収(07/22)
[クローズアップベトナム最新情報 4058号 目次(07/22)
[統計情報建設業界の新規設立8,200社、11%増 (07/21)
[クローズアップベトナム最新情報 4057号 目次(07/21)
[法律・会計・労務VPBankがホーチミン市上場(07/20)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 法律・会計・労務 > 外資がスト・転職警戒、最低賃金改正で 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.