HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

在日ベトナム人企業協会が発足、4世代で構成


 10月18日、200人あまりの来賓を招き、在日ベトナム人企業協会の発足式が行われる。Dinh Ngoc Hai会長に話を聞いた。

Q: 協会には日本で活躍する各世代の越僑が集まっているのでしょうか?

A: 日本のベトナム企業コミュニティは現在、4世代で構成されています。

 第1世代は、1975年以前から日本に留学、定住し、国籍を持ち、発言力があり、日本企業で重要職に就いている、または自営業をしている世代。

 第2世代は、日本に定住する越僑で、ほとんどが在日ベトナム人向けに商売や飲食店経営、ベトナム食材の販売を行なっています。

 第3世代は90年代はじめに日本に渡った留学生で、若く、主にITやコンサルティングといった分野で活躍しています。

 最後が、ベトナム航空やFPTなど、日本で経営、投資するベトナム企業です。協会の執行部やメンバーには、この4世代の代表が揃っています。

Q: 信頼や日本人とのビジネス経験を考えると、協会の代表は第1世代のビジネスマンでなければならないと思いますが?

A: そうですね。代表は、在日ベトナム企業に信頼されるだけでなく、日本企業界で発言力のある人物でなければなりません。

 第1世代の参加を説得するのは簡単ではなく、何度も面会しました。私は、会長という役職に加え、社会奉仕連合団体「Rotary International」をはじめ複数の団体に参加していたので、説得する上で少しのアドバンテージがありました。また私は「東京米山友愛ロータリー・クラブ」の創立メンバーでもあり、日本でこういった協会を設立する経験も多少ありました。

Q: 協会の使命は?

A: メンバーと在日ベトナム企業が力を合わせ、ともに強く大きく発展し、両国の経済発展、文化、科学技術協力に大きく貢献することです。協会の活動はベトナムに目を向けており、ビジネスマンのみならず、あらゆる業界との協力機会を探ります。在日ベトナム企業の代表として日越両政府に意見を提出することもあるでしょう。

Q: 日本のメディアによると、日本の中小企業の22%がベトナムでの投資に関心を持っています。この掛け橋になれるでしょうか?

A: 日本のベトナム企業のみならず、日本企業のベトナム投資を促進する掛け橋ともなります。日本企業のベトナム投資のチャンスはまだ大きく残っています。日本人は市場やパートナーを入念に調査します。協会が持続的な掛け橋になることを願っています。

Q: 主な活動は?

A: メンバー向けのビジネスチャンスを摸索する交流会をはじめ、経済や経営に関するセミナーも開催し、ビジネス経験と両国の法律を共有します。ビジネス知識の育成にも取り組むでしょう。合法的な権利を守る場となり、メンバーの正当な願いを解決する掛け橋となります。今年いっぱいは日本の各協会、社会組織との交流会を複数開き、年末には、日本にお越しになる首相をお迎えする予定です。

Q: 困難は?

A: 現在協会は32のメンバーからなり、年末には50に増えるでしょう。日本企業界で絶大な信頼のあるメトラン(医療機器メーカー)の代表取締役Tran Ngoc Phuc氏の執行部招聘は非常に重要です。

 しかしPhuc氏は多忙で、会社も大きく、出張にもよく行かれています。またPhuc氏の考えは日本人に近く、非常に慎重で準備を怠りません。一方団体は、日越外交関係樹立40周年にあたっての発足がより重要な意味を持つと考え、急ピッチで進められました。Phuc氏から、「やるからには、とことん。これが私の性分だ」と言われました。この言葉が私たちにとって少なくないプレッシャーになっています。しっかりやらなければ、Phuc氏など日本の企業界で有名な方々の信頼に大きな影響を及ぼすわけですから。

 地理的な問題もあり、東京から遠い県にメンバーが点在しているため、東京で会合を開くには仕事を調整しなければならず、会議が長引き東京で一泊する日もあります。

(Nhip Cau Dau Tu)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/10/17 03:38更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事ファーウェイ製のスマホを処分したいベトナム人ユーザー(08/23)
[クローズアップベトナム最新情報4677号 目次(08/23)
[政治・経済 技術特区の試験運用、政府が新技術・新規ビジネスを支援(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報46376号 目次(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報4675号 目次(08/22)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > 在日ベトナム人企業協会が発足、4世代で構成 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.