HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナムと米国が原子力協定を締結、越外務大臣に聞く


 10月10日、ベトナムは米国と、ベトナムで建設する原子力発電所の燃料供給のための原子力協定を締結した。

 123協定と呼ばれるこの協定は、9~10日にブルネイで開催されたASEANサミットで、米国のジョン・ケリー国務長官とベトナムのPham Binh Minh外務大臣により署名された。

 これを受けて『The Wall Street Journal』紙は、ベトナムが建設する原発向けに技術と核燃料を販売する、という米高官の発言を伝えている。また同紙によるとベトナムは、当初は外国の供給業者から核燃料を購入するが、この分野で自ら能力を開発する権利は維持し、ウランの濃縮や使用済み核燃料の再処理などを行う可能性がある。

 この協定について、Pham Binh Minh外務大臣に話を聞いた。

Q: 米国との123協定締結で、核兵器開発に言及する国際メディアがあります。

A: ベトナムは以前から、平和目的に核を使用することを明言しており、核兵器を使用する意思はまったくありません。私たちは、核拡散防止や大量破壊兵器不拡散などのあらゆる国際条約を批准しています。ベトナムにこういった兵器を開発する意思はありません。

 平和目的に核を使用する権利は各国にあり、ベトナムは原子力発電所を開発する計画です。米国は民事原子力核協定を多数の国と締結していますが、このなかに、原子力発電所の開発にあたって、使わなければならない技術を定めています。

 123協定にも、どのような分野で核開発を認めるという協力条項が含まれています。その協力は、平和的でない目的への核燃料の使用にはつながりません。協定の目的は非常に明確です。

Q: 協定の正式な署名は?

A: 本日の署名は、両国で内部手続きを完了し、正式調印するためのものです。正式調印がいつになるかは、両国の状況にもよるためわかりません。

(Thanh Nien)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/10/14 03:28更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナムと米国が原子力協定を締結、越外務大臣に聞く 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.