HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

日本ペイント、第3工場建設で北部重点市場向けの生産強化


 日本ペイントは、Vinh Phuc省でベトナム3カ所目となる塗料工場に着工した。投資額1,400万ドル、500人を雇用する予定。Nippon Paint South East Asia(NIPSEA)Management社の藤田徹朗執行役員に話を聞いた。

Q: ベトナム経済は過去20年で最も困難な時期にありますが、なぜいま工場増設を?

A: 2020年までの工業分野発展戦略で、自動車・バイク生産は日越協力枠組みにおける重点発展支援6分野のひとつになっています。

 また2012年の世界銀行報告では、ベトナムは段階的に市場経済に移行しており、これは国民の生活の質を向上させる重要な要素です。ベトナムは引き続き力強いインフラ開発を進め、今後は人材の質の向上に向けた対策もあります。1990~2010年の経済成長率は年平均7.3%、1人あたり平均所得は5倍に増えています。

 2011~2020年の社会経済発展戦略によると、ベトナムは近代的な工業立国を目指しており、毎年のGDP成長率は7~8%で、2020年は2010年の2.2倍、現行価格で1人あたり平均所得3,000ドルが目標です。これを達成するには、過去10年に成し遂げた経済成長率を維持しなければなりません。

Q: これまでのベトナムへの投資額は?

A: Dong Nai省とハノイ、そして今回のVinh Phuc省の工場に約3,900万ドルを投資しています。Vinh Phuc省で日本は、同省に投資する12カ国・地域で投資額2位となっています。Vinh Phuc工場は2014年2月に操業を開始、自動車・バイク用、重工業用、家庭用、舶用塗料のほか、注文生産も行ないます。

Q: 第3工場建設で自動車・バイク産業の需要に対する期待は?

A: 自動車・バイク産業の力強い発展に伴い、需要も日増しに高まり、特にハノイとVinh Phuc省で言えます。北部2カ所目となる工場の建設により、カスタマーサービスの質の向上、北部重点市場向けの生産強化を望んでおり、需要により良く対応するための貯蔵力強化をはかるものとなります。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/07/15 03:31更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[統計情報1月の輸出入額408億ドル、単月で8億ドルの貿易赤字(05/21)
[クローズアップベトナム最新情報4597号 目次(05/21)
[政治・経済 2018年のIPO、ベトナムが東南アジアで首位(05/20)
[クローズアップベトナム最新情報4596号 目次(05/20)
[政治・経済ベトナム航空、アメリカ直行便の就航を準備(05/17)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > 日本ペイント、第3工場建設で北部重点市場向けの生産強化 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.