HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

テトボーナス見通し、銀行業界は発表に慎重


 多くの労働者を雇用する縫製、皮革・履物、電子などの業界は、平均で給与1カ月分というテト(旧正月)ボーナスを維持し、最高で2.2カ月分ほどになるようだ。一方で毎年目が眩むようなボーナスを支給している銀行業界は、今年は慎重だ。

 スポーツ用品を生産する100%外資Pouyuen社のCu Phat Nghiep労働組合長は、今年のテトボーナスは前年よりわずかに高いという。12月半ばにテトボーナスを発表し、労働者の貢献度と勤続年数を加味し、最低で給与(260万~300万ドン[約130~150ドル]) 1カ月分、最高で2.2カ月分となる見通し。Nghiep氏によると会社は現在、テトボーナスのために1兆ドン(約5,000万ドル)を準備している。

 ホーチミン市Thu Duc区で電子部品を生産するNissei Electric Vietnam社のHuynh Le Khanh人事責任者は、今年のテトボーナスの最高額は給与2カ月分という。ボーナスに加え、今年も工員数千人分の帰省バスチケットを会社が負担する。

 例年、銀行、証券、不動産業界では高額のテトボーナスが支給されているが、今年は一部商業銀行では、人員削減もままならないなかで高額ボーナスには考えが及ばないようだ。本来ならこの時期、各行はテトボーナスを発表するが、今年は各行が様子をうかがっている。

(Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/12/12 04:41更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > テトボーナス見通し、銀行業界は発表に慎重 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.