HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

バイク排ガス規制、メーカーと連携で導入へ


 排ガス基準合格証を持たないバイクは処罰対象とする――11月22日にハノイで開催された交通安全に関する会議で登録検査局が草案を明らかにした。

 Trinh Ngoc Giao登録検査局長によると、都市部ではバイクが車両の95%、往来需要の90%を満たしているが、「管理がしっかりなされていないことが、大都市の交通事故や渋滞、大気汚染を引き起こす原因で、国産品も輸入品も、実際に利用が開始されてからは何の検査も行われていない」とGiao氏は言う。

 バイクの車検は欧州や中国、タイ、インド、日本、シンガポールなどで行なわれており、「行政措置、経済ツールを使い安全性の失われた、環境汚染を引き起こす古いバイクを排除している」とGiao氏は指摘する。

 しかしベトナムで実際にバイクの車検を導入することは少なくない困難が予想されるため、登録検査局は車両の走行期間に応じ検査することを提案、5年未満は排ガス検査の対象外とする。排ガス検査の合格印貼付は毎年実施し、まずはハノイ、ホーチミン、ハイフォン、ダナン、カントーの中央直轄5市で排ガス検査を実施する考えだ。

■長年「計画」どまり、いざ導入へ

 バイクの排ガス規制計画は登録検査局により2008年頃から草案作成が始まっているが、まだ交通運輸省を通過していない。これまでの経験を踏まえ今回の草案では、排ガス検査のみに絞っている。

 Giao局長によると将来的には、排ガス以外でも走行している全てのバイクに対する技術面での車検を強制していく必要がある。不合格車両は修理などを行なった上で再車検する。ただやはり導入は段階的に進める。

 排ガス検査装置は輸入し、5大都市の車検施設に導入させる。計画案が政府承認されれば、交通運輸省はバイクの5大メーカーと協議し、全国に広がる500の販売代理店を活用し排ガス検査に取り組む。Giao氏によると、「排ガス検査装置は各メーカーに導入してもらい、車両所有者は低い検査費用の負担のみでよいようにする。合格すれば合格証を受け取り、不合格なら修理した上で再検査する」。

 草案では、複数回検査しても排ガス基準をクリアできない車両を没収することは規定していない。しかし合格印の無い状態で走行している車両は、交通分野の行政違反の処罰対象とする。

(Nguoi Lao Dong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/11/26 03:52更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済 中国人民元の切り下げ、ベトナムへの影響(11/12)
[クローズアップベトナム最新情報4746号 目次(11/12)
[人事・法律・会計・労務外国人に対するビザの改正・法制化を提案(11/11)
[クローズアップベトナム最新情報4745号 目次(11/11)
[政治・経済ベトナムの国家財政が黒字に、理由と今後の課題(11/10)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > バイク排ガス規制、メーカーと連携で導入へ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2020 HOTNAM! All rights reserved.