HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

「信任得られない者は退場」、国会常務委が信任投票案を議論


 国会常務委員会は9月14日、国会や人民評議会が選出・承認した役職者の信任投票手続き・方法案について意見付与した。信任投票は、信任の低い者を国家機構から適時排除することが狙い。

 まず意見が多く出たのが、「信任票の確認」と「信任投票」の違いに対してで、これについてNguyen Sinh Hung国会議長は、「確認は意見聴取のためで、投票は続投か否かの同意を得るため。投票の前段階として意見聴取し、投票後は罷免・解任という手続きになる。意見聴取は毎年行うが、投票を毎年行うことは時間的制約からできない。2回の意見聴取で信任が低かった者を信任投票に移す。信任が得られなかった者は国会に提出し交替手続きを進めるか、何らかの問題があれば、国会で罷免する形になる」と説明した。

 信任投票(意見聴取)で判断される対象は、案では一部主要な役職に就く者と限定されている。これには支持が集まったものの、一部にはすべての役職を対象にすべきとの声も出た。

 また信任判断は、「高信任」「信任」「低信任」が案に盛り込まれているが、複数の水準を設定すれば感情的になりやすく「信任」「不信任」と二者択一にすべきとの意見が多く上がった。

 ほか信任投票(意見聴取)の実施時期としては、定期的に毎年、任期中に2回(任期半ばと任期末)という案が出ている。

(Lao Dong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/09/17 03:28更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 「信任得られない者は退場」、国会常務委が信任投票案を議論 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.