HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

「中国のコピーではない」知られざるベトナムの顔


 米『Foreign Policy』は、McKinsey研究所の報告を引用する形で、世界の人々が驚くであろうベトナムの10事情を掲載した。

①中国を除くアジア経済で最も著しい成長

 ベトナムは、この四半世紀あまりの経済の成功例だ。1986年に改革をはじめてから連続的に貿易や投資の障壁を撤廃し、民間経済を奨励した。この時期の経済成長率は平均5.3%、アジアのほとんどの国より高い。地域的な金融危機、世界的な経済危機があったにもかかわらずだ。2005~2010年の経済成長率は年平均で7%。

②農業からの脱却

 ベトナムのGDPに占める農業の割合は、15年で40%から20%まで低下した。ほかのアジア経済と比べ非常に速く、同様のプロセスに中国は29年、インドは41年かかっている。

 この10年で、農業労働者は13ポイント(%)減り、これに対し工業は9.6ポイント、サービス業は3.4ポイント増えている。GDPに占める農業の割合は6.7ポイント減り、工業が7.2ポイント増加している。

③コショウ・カシューナッツ・コメ・コーヒー輸出世界トップ

 ベトナムはコショウ輸出で世界トップである(2010年は11万6,000トン)。カシューナッツでも4年連続トップ、コメ輸出はタイに次いで2位、コーヒー輸出はブラジルに次いで2位、茶生産は5位、水産物輸出は6位である。

④中国のコピーではない

 中国で人件費が上昇していることで、一部企業がこの国を離れ、低廉な人件費のベトナムに動いている。このトレンドから、ベトナムはアジアにおける世界の第2の工場になりつつあると考える人も多い。

 だがベトナムは、中国とは非常に異なる。まず、個人消費がベトナム経済に与える影響は、中国のそれより大きい。家庭の消費はGDP比65%を占め、アジアで異常なほど高い水準だ。中国は35%に過ぎない。次に、中国の急成長が、輸出に大きく頼り、外国直接投資(FDI)も極めて大きかったことに対し、ベトナム経済は生産とサービスのバランスがとれている(それぞれの分野がGDPの40%を占める)。

⑤FDI誘致

 ベトナムは、外国投資家にとっての新興市場としてどのリストにも名が挙がる。イギリスの経済研究者は、BRICs諸国に次いで、魅力的な投資先だとしている。もうひとつ、ベトナムが中国と異なることがある。それは、中国のFDIの60%は繊維製品や履物といった労働集約型産業に入っているのに対し、ベトナムでは20%である。ベトナムでFDIはほとんどが鉱業・製油(40%)、不動産(15~20%)に入っており、観光業が著しく成長していることがわかる。2005年から外国人旅行者は30%以上増えている。

⑥タイやフィリピンより良い道路

 ベトナムの道路密度は2009年に1km2あたり0.78kmとなっており、これは、より発展しているとされるタイやフィリピンより高い。2009年に電力網は国土の96%をカバーしており、Dung Quat、Cai Mepといったコンテナ港、ダナンやカントーの空港は、世界とのアクセス力を強化しつつある。

⑦テクノロジーに興味が高い若者

 人口は若く、良好な育成がなされ、ほとんどがテクノロジー、特にネットワーク技術に熱中している。ベトナムで携帯電話の利用者は2000~2010年に年70%近くの割合で増加した。米国では同じ時期、年10%にも届かなかった。インターネット利用率は31%とマレーシアの55%などアジア諸国を大きく下回るが、これは急激に変化している。ブロードバンド契約は2006年の50万件から2010年には380万件に達し、インターネットユーザーの94%は、ネット上でニュースを見ている。またユーザーの40%が、毎日ネット接続している。

⑧アウトソーシングと遠隔サービス

 現在ベトナムでは、10万人あまりがアウトソーシングと遠隔サービスの職についており、年間売上は15億ドルに達する。HP、IBM、Panasonicなどの有名多国籍グループがベトナムにネットワークを築いている。ベトナムは、大学卒業者がかなり多く、要求される給与水準もまだ高くないこともあり、アウトソーシング分野では世界トップになる可能性がある。ベトナムで1人のプログラマーを雇うのは、中国と比べれば60%安く、データ処理では中国より50%安い。

⑨アジアで1、2を争う融資増加率

 ベトナムにおける融資増加率は、この10年で年33%。中国やインド、ほかの東南アジア諸国より高い。2010年末までに貸出残高はGDP比120%に達し、これは2000年には22%だった。活発な経済の証左だが、懸念されるのは、融資が正しく使われていないことで、不穏を生み、政府の介入を余儀なくされていることである。

⑩労働力の量的な伸びは頭打ち

 2005~2010年、若い工員と農業から他分野に転職した労働者により、ベトナムの成長価値の3分の2が生み出された。残る3分の1は生産性の向上からだ。ただ現在は、最初の2要素は弱くなりつつある。各公式統計では、次の10年に労働力は年0.6%減少すると予想している。そのためベトナムが高成長を維持したいなら、労働生産性の改善が必須だ。ベトナムは内在する力(若い労働力、豊富な天然資源、政情の安定)が強く、短期的な危機に直面した際に正しく行動し、生産性の成長をその尺度とするなら、また新しい発展の段階に入るだろう。

(Tien Phong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/03/03 06:42更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)
[クローズアップベトナム最新情報4645号 目次(07/16)
[クローズアップベトナム最新情報4644号 目次(07/16)
[日系企業情報Bamboo Airways、茨城県にチャーター便(07/12)
[クローズアップベトナム最新情報4642号 目次(07/12)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 「中国のコピーではない」知られざるベトナムの顔 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.