HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

「産みの苦しみ」? 大量の妊婦に悩む企業


 「『ベトナムで最も妊婦が多い企業で』賞。こんな賞があったら、きっとうちが一番でしょうね」Dong Hung工業社(Binh Duong省Tan Dong Hiep A工業団地)のHa Duy Hung社長は、こう笑う。3,000人の従業員をかかえる同社では毎年、500~700人が産休に入るという。

■入社数カ月で産休、そして退職

 履物を生産する同社では、女性を中心とする普通労働者を多数必要とする。「皮革・履物業界では女性のほうが求められます。男性より注意深く、細かい作業ができますから。女性の応募者には不安もありますが、結局は採用しなければなりません。しなければ生産が間に合いません」とHung氏。

 社会保険法によると、出産前12カ月に満6カ月以上の社会保険料を納めている女性労働者には、出産手当てが支給される。この規定を知った上で、妊娠2~3カ月になって応募してくる女性労働者も多いという。

 「妊娠2~3カ月ではこちらもわかりません。さらにわかっていたとしても、採用しなければなりません。妊娠を理由に女性労働者を拒否することは法律違反となりますので。そして労働契約を結び、社会保険を何カ月か納めると、お腹が目立ち始め、もう数カ月すると産休願いが提出されます。毎年産休を取得する労働者は全体の5分の1、仕事は残った人が負担することになりますが、代わりの人材を採用するわけにもいきません、産休を終え戻ってくるのを待たなければなりませんので」と同社の人事担当者は説明する。

 話はこれで終わらない。多くの人は産休制度を利用し4~5カ月休職したあとで、復帰期限になると、そのまま退職願を提出する。Hung氏はこう言う。「つまり6~7カ月の在職期間のうち4~5カ月が産休。何も会社に貢献しないまま退職するというわけです。そして会社は新規に採用し、また育成。時間、労力、費用がかさむばかりか、会社にとって不安の種にもなっています」。

■女性のしたたかな計算

 ホーチミン市Binh Tan区のP社では、毎年産休をとる女性労働者が1,000人単位となる。労働者が不足するという問題以外に会社はほかの問題に頭を抱える。人事責任者はこう語る。

 「産休を終え復帰した女性の多くで勤務に滞りがあり、規則違反をする例もあります。ですが12カ月未満の子供がいると言われれば、違反があっても会社として処分するわけにもいかず、クビにもできません。結局会社は歯を食いしばって給料を払い、社会保険を納めなければなりません。ですが12カ月ほど働いて、子供も少し大きくなり、他社の給料が数万ドン高いと知ると、すぐやめてしまいます。本当に頭が痛いですよ」。

 経済情勢が厳しく、就職口も少ないこのような時期にあえて退職したある女性労働者に話を聞くと、こんな計算があった。

 「いま辞めても、2009年以前に4年働いていた分の退職手当が2カ月分出て、失業手当も3カ月出ます。社会保険の納付期間は保留されるわけだし、辞めても問題ないでしょう?」。

(Nguoi Lao Dong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/11/30 12:07更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事ファーウェイ製のスマホを処分したいベトナム人ユーザー(08/23)
[クローズアップベトナム最新情報4677号 目次(08/23)
[政治・経済 技術特区の試験運用、政府が新技術・新規ビジネスを支援(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報46376号 目次(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報4675号 目次(08/22)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > 「産みの苦しみ」? 大量の妊婦に悩む企業 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.