HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

Truong Sa・Hoang Sa観光実施へ、観光総局方針


 Truong Sa、Hoang Sa観光ツアー実施――観光総局は、「2030年を見据えた2020年までの観光開発マスタープラン」セミナーで、こう認めた。

 6月16日に観光開発研究院が行ったセミナーで、観光総局Nguyen Van Tuan局長は、「海洋観光は、ベトナム観光分野が最優先とするものだ」と述べた。観光総局は、2011~2020年の海洋・島嶼観光開発提案をすでにまとめており、目標として2020年までに、▽Ha Long-Cat Ba、▽Lang Co-Son Tra-Hoi An、▽Nha Trang-Cam Ranh、▽Phan Thiet-Mui Ne、▽Phu Quoc島という、地域で競争力の高い海洋観光エリア5カ所を形成していく。ほかVan Don-Co To(Quang Ninh省)といった潜在力のある海洋観光エリア、Truong Sa(スプラトリー諸島)-Hoang Sa(パラセル諸島)観光ツアーも、積極的に投資する。

 「海洋・島嶼部観光開発は、国防・安全保障目標を伴うものでなければならない」とTuan氏は言う。特に、海洋・島嶼観光戦略においてTruong Sa観光は、特殊な観光形態と見なし、単純な観光商品でなく、ベトナム人が愛国心を示し、国土、海に対する愛情の教育を進めるものにしなければならない。Truong Sa観光の特徴としては、海路の行程が長く、費用がかかり、本土から離れた場所に滞在するため、対象となる利用者は経済力があり、Truong Sa探究に熱意ある人となる。ツアーは社会化して実施し、国防と密に協力し、観光客の絶対の安全を保障しなければならない。

 2010~2030年のベトナム観光開発マスタープランによると、2020年にベトナムでは1,030万人の外国人入国者、4,750万人の国内旅行者があり、観光収入は190億ドルになる見通し。

(Tuoi Tre)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/06/20 07:26更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済 2018年のIPO、ベトナムが東南アジアで首位(05/20)
[クローズアップベトナム最新情報4596号 目次(05/20)
[政治・経済ベトナム航空、アメリカ直行便の就航を準備(05/17)
[クローズアップベトナム最新情報4594号 目次(05/17)
[人事・法律・会計・労務テト明けに転職が多いベトナム(05/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > Truong Sa・Hoang Sa観光実施へ、観光総局方針 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.