HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

中国の石油探査妨害再び、越政府猛反発「今が行動するときだ」


 6月9日朝6時頃、中国の漁業監視船2隻の援護を受けた中国漁船1隻が、ベトナム石油・ガスグループが借りている探査船Viking 2号のケーブルに突進した。

 9日午後の記者会見で外務省Nguyen Phuong Nga報道官はこの事実を発表し、外務省担当者がすでに中国大使館代表者に面会し抗議、ベトナムの立場を明確にしたことを明らかにした。

 Nga氏によるとViking 2号のベトナムの大陸棚136-03鉱区(北緯6度47.5分、東経109度17.5分)での活動中、漁業監視船漁政311号と303号の援護を受けた62226という番号のついた中国漁船が、Viking 2号の正面を横切り、その後針路を変え加速した。ベトナム側は警告信号を出したものの、漁船は意図的にViking 2号の探査ケーブルに突っ込み、ケーブルは62226号のケーブル切断設備に巻き込まれ、Viking 2号は通常活動ができなくなった。その後漁政311号と303号、およびその他漁船が62226号の救助に入った。

 Nga氏はViking 2号が活動していた地域は200海里内で、完全にベトナムの主権下にある場所で、中国船の行動は完全に意図的、かつ周到に準備されたものであり、重大な主権侵害だとした上で、「中国の組織立った行動は、紛争のない地域を紛争地域とし、『九段線』要求を実現しようとしたものだ。これはベトナムが受け入れられるものではない」とNga氏は強調した。

 Binh Minh 2号は事件後、探査を円滑に行うため護衛船を8隻に増強しているが、Viking 2号についてNga氏は、「何隻か同様の任務についていた」と答えた。また、今後中国が同じような行動を繰り返した場合の対策については、「ベトナムの主権を侵害する行為の即時中止と再発防止を望んでいる。また、南シナ海の平和と安定の維持という国際会議で宣言した約束を履行することを求める。ベトナムは関係当局が連携し、主権に属する地域でのベトナムの経済活動を保障する」と述べている。

■出光興産の探査でも妨害

 Viking 2号は、フランスCGG Veritasとベトナム石油・ガスサービス総公社(PTSC)の合弁が借りているノルウェー船籍の3D地震探査船で、今回の探査は、カナダTalisman社の要請を受けたもの。PTSC G&Sの幹部によると、9日12時に、中国の漁船スクリューにケーブルが絡んだ事故は回復した。

 なおViking 2号は5月29日と31日、出光興産向けの探査をベトナム南部の大陸棚05-1D鉱区で行っている際にも、中国船の妨害行為を受けている。

■「ベトナムが仕掛けた」「ハノイは直ちに主権侵害停止せよ」中国外務報道官

 中国の漁船62226号、および漁政311、303号が探査船Viking 2号のケーブルを破損させ、ベトナムの大陸棚に侵入したことに対するベトナム外務省の反応を受け9日、中国外務省の洪磊報道官は、中国船が、ベトナムの船に追いかけられたと述べた。また、Truong Sa群島(スプラトリー諸島)Tu Chinh岸において、違法な石油探査と中国船を追い回す行為をしたのはベトナムであり、中国の海の権益、主権を重大に侵害したとしている。

 中国外務省のウェブサイト上での発表で洪磊氏はまた、北京はハノイに対し、中国の主権を侵害する行為を直ちにやめ、中国漁師の財産と生命の安全に脅威となる行動を再発させず、南シナ海問題を複雑化させる行動を起こさないよう求めるとしている。

■「中国の行動に強く抗議」ASEAN会議で外務大臣補佐官

 6月10日、ASEAN、ASEAN+3、東アジアサミット、ASEAN地域フォーラム(ARF)高級実務者会合の席で、ベトナムのPham Quang Vinh外務大臣補佐官は、5月26日のBinh Minh 2号、6月9日のViking 2号の事件に触れ、この行動に強く反対すると述べた。

 この事件は南シナ海情勢を不安定にさせ、紛争のまったくない地域を紛争地域化するものであり、関係諸国だけでなく、あらゆる国、地域全体の平和、安定、安全保障、航海の安全を懸念させるものだとした。またベトナムは、国際法と国家の主権を尊重するとの原則を貫き、事件再発がないよう強く求め、同時に対話を続け、平和的な手段で紛争を解決する方針だと述べた。

■主権侵害で中国船を拿捕せよ――Tran Cong Truc元政府国境委員長

 南シナ海情勢の新たな変化に対するベトナムの次なる行動について、Tran Cong Truc元政府国境委員長は次のように述べている。

 「引き続き、国際社会に事件の本質をつまびらかにし、主権を主張していくと同時に、ベトナムは外交、法的闘争においてより強く、具体的な措置を採るべき時が来た。主権を宣言し、抗議書を出し、国連に書簡を提出するとともに、現場での具体的な行動が必要だ。中国船が引き続き違反した場合、ベトナム当局の船舶には主権侵害でこれを検査、統制する権利がある。これが、現在非常に求められている行動だ。中国の行為が明らかで、危険であれば、国際法に則って処分すべく拿捕するなどすべきだ」。

●祖国防衛にすべてをささげる覚悟――Nguyen Minh Triet国家主席

 私たちは、祖国の海と島々が常に平和で友好的であり、安定していることを望んでいるが、自らの力を尽くし、わが国の海、島々を守る決意がある。今日の祖国を得るために、何世代の血の犠牲があったか。だからこそ私たちは、祖国を防衛し、海と島の主権を守るためにすべてをささげる覚悟がある。
(2011年6月7日のQuang Ninh省Co To島訪問時の発表)

(Phap Luat/Tuoi Tre/Nguoi Lao Dong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/06/13 07:15更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済CPTPP発効によるベトナム農産品のメリット・デメリット(03/25)
[クローズアップベトナム最新情報4555号 目次(03/25)
[インタビュー優秀なベトナム人材が不足する可能性 ~労働傷病兵社会福祉省次官インタビュー~(03/23)
[クローズアップベトナム最新情報4553号 目次(03/23)
[クローズアップベトナム最新情報4552号 目次(03/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 中国の石油探査妨害再び、越政府猛反発「今が行動するときだ」 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.