HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムの国防政策は平和と自衛、シャングリラ対話国防相演説


 6月5日、第10回アジア安全保障会議(シャングリラ対話/シンガポール)でPhung Quang Thanh国防大臣は、「新しい海洋安全保障の試練への対応」と題した演説を行った。この内容を紹介する。

 21世紀の海に言及すると、私たちにはみな、海を持つ国も、海の無い国も、主権の宣言がなされている地域においても、主権の宣言がなされていない地域においても、世界の発展、将来を担う、生死をわける空間であるとの共通認識があります。

 海洋空間において近年特徴的なのは、各国の目前の、また長期的な利益のために、あらゆる分野での各国のかかわりが強まっているということであり、その利益は生死を分ける、戦略的な性質を持つものであります。

 現在、協力関係は強く発展し、各国、地域、そして世界中に大きな利益をもたらしています。一方で、いくつかの相違、矛盾、衝突もあります。私たちはそれを避けるのではなく、その協力と相違こそが、海洋開発・開拓における問題の両面という客観的な事実であることを認めなければなりません。

 問題は、私たちが世界の海の世界性、国際性を十分に認識しなければならないということであり、個別の試練というものは何もなく、それは直接的にしろ間接的にしろ、全ての国々にとって共通の試練であり、協力を強化し、相違や矛盾、衝突を減らしていくための善意ある広い協力が求められるものだということです。

 では私たちは、状況を日々改善し、海洋環境、資源を効果的に活用し、各国、地域また世界中に利益をもたらすために、幅広い視野、多角的な立場から、何をすべきでしょうか。

 まず私たちには、価値、新しい特徴、利益、そして全ての国が遭遇している試練に対する正しい共通認識が必要です。伝統的な安全保障の問題に加え、非伝統的な安全保障の問題が多数現れることは、世界の発展過程で生まれる避けられない問題であり、それだけに、ともに解決すべく、二国間、多国間を含めたより広い協力が求められるものであります。

 次に、私たちには、発展協力の条件を整え、地域、また各国の共通の利益に害を与える行動を阻止し、各国の領土主権を尊重し、主権や領土紛争などの問題を良好に解決すべく、海上活動における法的根拠の強化が必要です。

 まずは、1982年国連海洋法条約の遵守とその十分な履行が必要になります。東南アジア地域においては、南シナ海における当事者間の行動宣言(DOC)を十分に実現し、ASEANと中国は、南シナ海における行動規範(COC)を構築していかなければなりません。

 また、既存メカニズムの有効性を高め、ロシアと米国を加えた東アジアサミット(EAS)、拡大ASEAN国防相会議(ADMM+)といった新しい安全保障構造が現れていることは、ASEANと地域内の共通の利益を持つパートナー国との協力の必要性、また展望があることを示すものであり、ASEANが統一、団結し、中心的役割を発揮し、またパートナー諸国の利益と責任が調和されれば、それは美しい将来をもたらすでしょう。

 第三に、私たちは相互に理解、尊重し、ともに発展していくために、二国間また多国間を含めた、よりいっそうの海洋開発協力が必要です。このなかで、国防面での協力が特に重要な意味を持ち、まずは各国の軍隊間で信頼を構築し、高めていくために、絶対に武力を行使せず、平和、安定を維持し、労働、経済活動、航海、海上の平和を守らなければなりません。

 マラッカ海域は安定するようになり、地域の成長に貢献しています。私たちは、マレーシア、インドネシア、シンガポールといった直接関連する国の軍隊間の協力、また地域内外の国々の支援を高く評価しています。同様に、ベトナムと中国、タイ、カンボジアの共同巡視やホットライン開設といった海軍の協力強化、また今後はマレーシアとインドネシアとの共同巡視も進めますが、これも南シナ海の安全保障、治安維持強化に貢献するものと思います。

 第四に、海上で発生する問題ついて私たちは、抑制し、冷静に、戦略的な視野、また現代の性質的な重要認識に立って対応するべきで、そのなかで特に国際法を公開、明白に遵守する必要があります。協力において、私たちは主権、国家民族の利益を守り、地域の平和、安定、発展を維持することが必要で、これが、あらゆる国々の利益関係において共通の価値であり、また発展のために健全、安定した環境においてあらゆる国にとって大きな価値となるものです。

 南シナ海情勢は全体的に安定していますが、時おり衝突が発生し、沿岸諸国を懸念させています。最近では2011年5月26日、ベトナムの探査船Binh Minh 2号が、ベトナムの排他的経済水域内で通常の石油・ガス探査を行っているときに、ケーブルを切断されることがあり、南シナ海における平和、安定の維持、また地域、世界を懸念させることとなりました。

 ベトナムは、その事件を国際法に則り、領土主権を守り、南シナ海の平和、安定を維持し、近隣諸国との友好関係を維持するとの原則で、平和的な手段により解決しようとしました。私たちは、同様の事件の再発を望んでおりません。

 海洋国のひとつとして、数多くの戦争を経験し私たちは、国家の建設、発展のための平和と安定の価値をよく知っています。そのため、ベトナムの国防政策は平和と自衛であり、ベトナムは常に、地域内外の国々の軍隊との協力関係を広げ、海上の安全保障を含む、安全保障に対する共通の脅威に対応すべく、相互理解、尊重、活動での協力を強化していく方針です。

 ベトナムは、自国の国家安全保障が地域、世界の安全保障に密接しているものと見ており、友であり、国際社会の信頼たるパートナーであり、平和と安定、発展のために、近隣諸国、地域諸国、そして世界との信頼を深め、友好、協力関係を発展させていきたい所存であります。

■潜水艦購入は自衛のため

 ベトナムの潜水艦購入に関連しThanh大臣は、ベトナムはロシアとキロ型潜水艦6隻の購入契約を交わしており、潜水艦はベトナム海域内でのみ活動するとし、「国内メディアの取材でも答えているように、この私たちの通常の行為は非常に公開、明白だ」と話している。

(Tien Phong/Nguoi Lao Dong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/06/10 07:32更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事ファーウェイ製のスマホを処分したいベトナム人ユーザー(08/23)
[クローズアップベトナム最新情報4677号 目次(08/23)
[政治・経済 技術特区の試験運用、政府が新技術・新規ビジネスを支援(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報46376号 目次(08/22)
[クローズアップベトナム最新情報4675号 目次(08/22)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムの国防政策は平和と自衛、シャングリラ対話国防相演説 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.