HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

宇宙技術の研究、日本のODAによるホアラック宇宙センターが核

 首相はベトナム宇宙委員会の設立を決定した。今後の宇宙技術の研究や応用の足がかりとなる。

 宇宙委員会は科学技術大臣を委員長とし、「2020年までの宇宙技術の研究・応用戦略」の実現において、政府が各省庁間にまたがる問題の解決や指導、研究をするための諮問組織となる。同時にその時期に応じ戦略を実現するための計画や措置を研究し首相に提出する。

 2020年までの宇宙技術研究・応用戦略を効果的に実現する最初のプロジェクトのひとつに、宇宙技術院が展開するHoa Lacハイテクパークでのベトナム宇宙技術研究・展開区プロジェクトがある。提案によるとこれは2010~2017年にかけて展開され、総経費は3億5,000万ドル、日本のODA融資が用いられ、衛星製造センター、衛星制御センター、天文台といった14のエリアからなる。

 現在、センターの建設に必要な作業は終えており、2012~2017年に技術インフラと専門家を整え、2017年までにベトナムは技術面で主体的になり、レーダーと光学技術によりあらゆる気象条件で写真撮影ができる500kg以下の小型衛星を自主製造できるようにしていく。運用が始まればセンターは、自然災害や環境被害の監視及び早期警戒、農業・水産業向けの予報、電子地図の更新、道路案内システムの構築、世界的な気候変動の研究およびその対策などの任務を実施する。

 宇宙技術院のPham Anh Tuan副院長は、この宇宙センターが東南アジアトップの宇宙技術・科学研究施設になると期待しており、科学技術院のDoan Minh Chung院長はベトナムでの宇宙技術の発展について、まだ多いとはいえない人材育成に関心を持つべきだとしている。科学技術省Nguyen Van Lang次官によると、ベトナムは旧ソ連諸国を中心に、世界各国でこの分野を学んだ200人近くの人材がいる。今後は、米国やロシア、日本といった宇宙技術先進国での学習に人員を派遣する。国内でも技術大学やFPT大学で宇宙技術を専門に教えるようになっており、第1期生はこの1~2年で卒業する。

(Thanh Nien)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2010/09/25 02:58更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事【北部豪雨・洪水】死者・行方不明者100人超える(10/16)
[クローズアップベトナム最新情報 4130号 目次(10/16)
[事件と出来事「公務員の日本企業からのガソリン購入禁止」SNSでデマ広がる(10/14)
[クローズアップベトナム最新情報 4129号 目次(10/14)
[コラム日→越→韓:越サッカー連盟は“日本化”の失敗に何を学んだのか(10/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 宇宙技術の研究、日本のODAによるホアラック宇宙センターが核 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.