HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

鉛・水銀含有量、家電製品で規制へ


 商工業省は、電気・電子製品に含まれる有害物質6種類の最大許容量について規定した通達草案をまとめた。

■鉛・水銀・カドミウム規制、世界基準を導入

 これまで電気・電子製品について、鉛や水銀、カドミウムなどの含有量は規制されていなかったが、これらは健康に影響を及ぼす物質であり、消費者の健康や環境を保護し、また世界的な技術基準にあわせるため、この最大許容量の規定が必要になっていた。

 草案によると許容量は製品重量あたり、▽鉛(Pb):0.1%未満、▽水銀(Hg):0.1%未満、▽カドミウム(Cd):0.01%未満、▽クロム(Cr):0.1%未満、▽ポリ臭化ビフェニル(PBB):0.1%未満、▽ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE):0.1%未満で、多くの国で適用されている基準と同様となっている。

 携帯電話やパソコン、ビデオカメラ、テレビ、エアコン、洗濯機、掃除機、ミシン、アイロン、電子レンジなど人間の身体と接触しやすい一般的な電気・電子製品のほとんどに適用され、輸入品にも適用される。

 規定が適用されないものとしては、コンパクト蛍光灯が水銀量最大5mgまで、蛍光灯は10mgなどがある。

■包装・添付資料等にも情報を記載

 この基準は世界各国ですでに適用されているものであるため、ベトナムの輸入、生産企業にとっても新しいものではないだろう。ただ草案では企業に対し、有害物質の含有量情報を包装や添付資料に記載することを求めている。情報が記載されていない製品は、市場に流通させることができない。

(Phap Luat)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2010/09/04 11:20更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > 鉛・水銀含有量、家電製品で規制へ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.