HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

利上げとベトナムドン切り下げの経済への影響は


― 国家銀行総裁インタビュー ―

 国家銀行は11月25日、通貨と為替に関する2つの決定を発表した。基準金利引上げと銀行間相場の引上げ、および変動幅の縮小だ。これは経済にどのような影響を与えるのか。国家銀行のNguyen Van Giau総裁に話を聞いた。

Q: これまでの方針から急遽調整を決定した理由は?

A: 決定は、新しい対策に含まれるものです。外為市場が多くの圧力にさらされるなか、国家銀行は介入のために強く相場を変更する方針です。

 具体的に、11月26日に銀行間レートは5.44%引上げられ1ドル=17,961ドンに調整され、変動幅は5%から3%に縮小されました。これにより商業銀行における為替相場の上限は1ドル=18,500ドンとなり、ベトナムドンは3.44%しか下がっていません。

 政府は市場により強く介入するとのメッセージとともにこのような調整方法を採ることを決定しました。しかし介入の度合いは輸入超過をはじめとする国際収支の状況によります。為替運営は難しい問題で、多くの分野の協力が必要です。

 そのため政府は財務省に輸入税の引上げを検討するよう要請し、商工業省には必要性の低い品目の輸入制限を提案しています。また首相は外貨流通量を増やすべく、銀行に売るよう大きな外貨収入のある国営企業に呼びかけます。

Q: 国家銀行の為替相場安定という約束と矛盾するような気もしますが?

A: 11月25日の相場1ドル=17,885ドンと比較し、上限は18,500ドンで3.44%しか変わっていません。国家銀行は依然として国家管理のある柔軟な為替運営という方針ですが、市場にも見合うようにしていかなければなりません。為替相場の安定、イコール市場の兆候に関心を持たずに、固い相場を適用することではありません。

 安定的に維持したければ、柔軟性が必要です。どのような理由があっても、実際から離れること、市場の需給の変動と為替ツールの運営を切り離すことはできません。しかしながらここでの柔軟性は一定のレベルにとどまり、輸出業者に利益となり、輸入業者も良好な活動ができるという形にしていかなければなりません。

Q: 国営企業の外貨売却は強制的なものでしょうか? また国営企業はどれくらいの外貨を保持しているのでしょうか?

A: 12週の輸入に対応できる外貨準備があるため、外貨の強制買上という方針ではありません。各社の銀行への外貨売却の呼びかけは、実質的に彼らの経済に対する責任の実現を求めているものです。銀行に外貨を売って、必要があれば銀行は外貨を彼らに売却します。強制買上の場合は規定の割合で国に売ることになり、その逆の権利はありません。

 現在各社は口座上で103億ドルを保有しています。この数字は年初から増えていません。この財源が銀行に集中すれば、外貨の流通が早くなり、外貨市場の緊張を下げることができます。

Q: 基準金利引上げについては? この利上げが企業を苦しめることになりませんか?

A: 12月1日より基準金利は年8%に引上げられます。これにより銀行各行の融資金利上限は12%となります。これは、現在成長が高まる融資を制限する措置です。現時点で融資成長率は前年同期比で34.5%となっています。融資を制限することで、為替相場の圧力を下げる狙いもあります。

 金利が高いという声もありますが、融資金利は2005年は最高で年15.6%、平均で10.55%、2006年は同じく最高が15.6%、平均が11.5%、2007年も最高が16.2%、平均で11.89%ですので、基準金利が8%に上がっても融資金利の最高は12%となり、問題はありません。利上げにより企業の資本コストは上がりますが、現在企業は競争力を保つべく十分な能力向上の力があります。政府はこういった調整が経済成長に影響しないと試算しています。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/12/01 02:03更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > 利上げとベトナムドン切り下げの経済への影響は 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.