HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

自動車でのガス燃料の使用、遅々として進まず


 ガソリンエンジンからLPG(液化石油ガス)エンジンに切り替えて2年、Cuu Long石油ガス運送サービス社の車両は、30%以上の燃料コストを削減できた。「CNG(圧縮天然ガス)を使えば40%以上節約できる」と同社のLe Thanh Ha副社長は話す。

 ベトナムでは、節約型エネルギーの使用に関する国家プログラムが2007年から始まり、クリーンエネルギーの使用に切り替える企業を支援すべく、3億5,000万ドルの資金が5つの銀行に配分されている。同時に日本も、プロジェクトに20年の返済期限、年利6.9%で5,000万ドルを融資している。しかしこれらの費用は今も金庫に眠ったまま。「プログラムはあるがその具体化、企業への展開はまだ」ホーチミン市省エネセンターのHuynh Kim Tuoc所長はこう話す。

 2008年なかば、ホーチミン市人民委員会の同意を得て、Sai Gonバス社はCNGを使用するバスを2台、1台あたり15億~20億ドン(約8万8,000~11万8,000ドル)で輸入した。これに続きCuu Long石油ガス運送サービス社も2台輸入している。しかしホーチミン市とBa Ria-Vung Tau省にCNG燃料の供給施設ができたのは2009年7月のことだった。この遅れにより交通におけるCNGの利用は今も試験段階でしかない。

 ガス供給システムも重要な問題だが、CNG供給施設の建設には高い要求がともなう。Ha氏によると、厳しい防火条件を含めず土地だけをみても、1カ所あたり1万6,000㎡が必要になるとしている。

(Sai Gon Tiep Thi)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/11/12 09:08更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラム「日本の精神を持っている」と評価されるベトナム人実習生(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4626号 目次(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4624号 目次(06/24)
[事件と出来事ベトナム外務省、南シナ海での中国船による沈没事件で声明(06/21)
[クローズアップベトナム最新情報4623号 目次(06/21)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 自動車でのガス燃料の使用、遅々として進まず 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.