HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

携帯電話・書籍・ジュエリー、専門店の売上伸びる


 市場調査会社Euromonitor Internationalおよび会計監査法人KPMGが、課税後の小売売上高や成長率、事業用地1㎡あたりの平均売上高などの指標をもとに調査し、『Retail Asia』誌が発表した「アジア太平洋地域の小売業者トップ500」では、Co.opMart(スーパー)、Big C(同)、Nguyen Kim(家電販売)などを抑え、貴金属販売のSai Gonジュエリー社(SJC)が初めてベトナムトップの小売業者となった。

■特定品目を取り扱う専門店が躍進

 SJCに続くのはPhu Nhuanジュエリー社(PNJ)で、10位は書籍販売のFahasa。これらの店舗はひとつの品目を専門に扱っているが、業績は多品目を取り扱う企業に負けていない。2008年の売上は、▽SJC:4兆5,000億ドン(約2億6,500万ドル)、▽PNJ:3兆9,150億ドン(約2億3,000万ドル)、▽Fahasa:7,500億ドン(約4,400万ドル)。

 ベトナム小売協会のDinh Thi My Loan書記長によると、小売には総合小売、コンビニエンスストアなどの小売形態、専門小売の3つがあり、前者2つの研究は多いが、専門小売について深く研究されたものはまだない。一方でこのシステムは急発展している。

 Fahasaは年末までの売上が1兆ドン(約5,900万ドル)に達する見込みで、2006年と比べおよそ2倍増となる。書籍販売のPhuong Namも良好な結果を発表しており、2009年上半期の売上は2,000億ドン(約1,176万ドル)近い。

 ベトナムの代表的な小売業者としてランクインはしなかったものの、携帯電話を取り扱うThe Gioi Di Dong社、Vien Thong A社、化粧品のC.T Retail社も発展している。The Gioi Di Dong社は2004年にオープンしたホーチミン市Nguyen Dinh Chieu通りの1号店から、これまでに31店に拡大、従業員は1,100人を数える。Nguyen Duc Tai社長によると、2009年の成長は前年比35%超に達する可能性がある。

■安価で高い専門性、弱点は高いリスク

 The Gioi Di Dong社とVien Thong A社が頭角を現してきたのはここ数年のことである。2006年以前は、Nguyen Kim、Cho Lon、Thien Hoa、Loc Leなどの家電販売店が賑わいを見せていた。The Gioi Di Dong社のTai社長は、総合店の困難は、非常に多くの品目を販売するため、ひとつの商品に対するサービスの質が悪くなる点だと話す。特に携帯電話について購入者は、性能を理解するだけでなく、アドバイスも必要としている。

 Phuong Nam文化社によると、重要なのはシステムの専門性で、市場ニーズに応えられるかどうかが鍵となる。同社は当初から、本の需要の高まりを見て、化粧品や家庭用品を取り扱わないことを決めた。書籍、学習用具、オフィス用具などの品目が、同社の商品構造の90%を占めている。貴金属についてPNJのNguyen Tuan Quynh副社長は、この品目の価値や性質はその他の必需品とは異なるため、専門店が最適なモデルだと話す。

 しかしThe Gioi Di Dong、Vien Thong Aの一部店舗では、ノートパソコン、スピーカー、電子部品も販売している。PNJもアクセサリー、時計、化粧品を扱うファッション専門店を展開する考えだ。これらは、彼らの言う専門店の展開に逆行するものではないか。

 これについてThe Gioi Di DongのTai氏は、2つの要因をあげる。まずは、品目を加えることで売上増を狙う、そしてもうひとつが、面積や広告費用があまりかからないためだという。「弊社は携帯電話に限らず、各種通信製品を取り扱う方針。これは発展戦略のひとつ」そう同氏は加える。PNJのQuynh氏はファッション店について、貴金属各店とは一線を画するひとつのファッション専門店だと話す。

 特定の品目を大量に取り扱う専門店では、総合小売店に比べ高い値引きが受けられる。Nielsen Vietnamのベトナム人の消費行動に関する調査結果によると、ベトナム人は価格を何よりの優先事項とするため、これは大きな強みのひとつとなる。さらに専門的なアドバイスが受けられる点も有利となる。しかし弱点もある。それはひとつあるいは数品目に依存しているため、高いリスクがあることだ。市場が変動すれば、その品目の購買力は落ち込み、売上減につながる可能性もある。

 また競争も激しさを増しており、新規参入は難しい。The Gioi Di DongのTai氏は、「5年前、携帯電話小売市場にはまだ余地があった。The Gioi Di DongとVien Thong Aは大都市でシェア50%以上を得ているが、市場が縮小すれば参入は難しくなる」と話す。

(Nhip Cau Dau Tu)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/10/24 02:24更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラム「日本の精神を持っている」と評価されるベトナム人実習生(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4626号 目次(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4624号 目次(06/24)
[事件と出来事ベトナム外務省、南シナ海での中国船による沈没事件で声明(06/21)
[クローズアップベトナム最新情報4623号 目次(06/21)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 携帯電話・書籍・ジュエリー、専門店の売上伸びる 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.