HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

統計情報

不動産市場、次の上昇期は2011~2012年


 Vietnam Reportの研究グループは、「2009年のベトナム不動産業界および2010年の展望」報告を発表した。調査はハノイ市とホーチミン市で500人近くの個人投資家を対象にアンケート形式で行なわれ、これに加えて不動産業界の専門家や企業などから聞き取りを行なった。ほか、CBREやSavillsといった調査会社のレポートなども参考にされている。

 報告によると、2010年の都市部人口は2,920万人となり、1人あたりの標準住宅面積15㎡から計算すると、4億3,800㎡が必要になる。農村部人口は6,220万人で、必要面積は8億7,080万㎡。2020年には都市人口が3,510万人に増えると見込まれており、7億200万㎡の住宅面積、また農村部では6,530万の人口に対し、11億7,540万㎡が必要になる。

 2010年~2020年にベトナムでは都市部で3億6,400万㎡、農村部で3億460万㎡の住宅面積が新たに必要となる。

 両市での約500人に対する調査の結果、不動産購入の目的については61.5%が、家族の生活のためと回答した。短期的な利益獲得のための投資という回答は11.5%で、長期的な投資の割合は約27%だった。また調査に参加した企業では、57.1%が不動産価格は今後も現在の水準を維持すると答え、43%が上昇するとし、下落するとの回答はなかった。

 ハノイでは、43%が不動産の供給源が今後強く増えるとし、57%が適当な水準で増えるとした。一方でホーチミン市では71.4%が適当な水準で増えるとし、強く増加すると回答したのは28.6%だった。

 市場に対する見方として、専門家は2010~2011年にベトナムの不動産市場は回復するとした。過去の不動産熱は5~6年周期(1995年-2002年-2007年)で起きており、次の値上がり周期が2009年または2010年に起きる見込みは少なく、強く上昇するのは2011年または2012年になると見られている。

 不動産企業の72%が、高級マンション市場は今後短期的に大きな変動はないとしており、過熱するとの回答は14.3%にとどまった。専門家の多くも大きな変動はないとしているが、普通水準のマンションについては、都市化と市の拡大から軽い上昇傾向となる見込みだ。

 一方で企業の43%が、リースオフィス市場は短期的に下落すると回答、専門家も、経済危機の影響からこの市場が価格下落傾向にあるとしている。宅地開発プロジェクトの宅地市場に関しては、専門家の43%が短期的に過熱するとし、特にそれは好まれる傾向が強まっているハノイ市の周辺地域で顕著になる。この傾向はホーチミン市からハノイ市に移ったものといえる。

(Dau Thau)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/10/02 09:16更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 統計情報 > 不動産市場、次の上昇期は2011~2012年 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.