HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

プラスチック業界、中国製品にも勝算あり


 プラスチック業界は経済後退を乗り越えるとともに、地域内での競争力向上にむけ、各社が生産性向上に動いている。

 マレーシアでは、プラスチック包装生産ラインの工員1人の生産量は毎月13~15トン。タイでは10トン、中国では8トンだが、ベトナムでは最大3トンでしかない。原因として、ベトナムの工員の最低賃金が月180万ドン(約106ドル)程度と低いことがある。一方タイやマレーシアはこの3~4倍。また管理職から工員に至るまで業務への集中力が低く、安定性が足りないことも、低効率を招いている。

 これを知った上でRKW-Lotus社は2008年第3四半期以降、生産性を高め、従業員の昇給などを行うことで経済後退期の競争力を強化した。管理職を世界のプラスチック生産工場に視察に行かせ、同時に彼らの育成も実施した。

 Rang Dongプラスチック社では、2008年第3四半期からの経済後退が事業に影響し、売上は30%減となった。しかしHo Duc Lam社長は、この時期を優秀な人材を探す好機と見る。「従業員の専門知識に限りがあることは分かっていた。だが経済危機が起こる前は事業が成長を続けており、育成に割く時間はなかった。『嵐』が起こって仕事が減り、人事・生産システム再編のチャンスだと思った。幸い厳しい時期も核となる幹部が残り、選抜した従業員を学習に行かせるなどした」こうLam社長は話す。

 2006~2007年、Dai Dong Tien社では従業員の転職が相次いだが、2009年に入り状況は改善された。Trinh Chi Cuong社長はこれについて、2年に渡る再編の後に管理職の専門的な経験が蓄積、向上され、会社に対する忠誠心も見られるようになり、社内の改善に取り組むようになったと説明する。

 RKW-Lotus社によると、会社の商品の原価は中国のプラスチック包装商品より幾分高く、地域各国と同程度だが、日本、欧米市場で約15年の経験があり、勝算は十分だ。10種類以上のプラスチック包装製品を生産できることも強みで、これは他社の3倍だ。

 ベトナムプラスチック協会Ho Duc Lam書記長は、この業界の潜在力は非常に大きいとしている。消費者ニーズに応えられ、質が良く、危険な化学物質も使用していないことから、ベトナムの家庭用プラスチック製品は中国製品と競争できる。現在、国内プラスチック企業の商品は南部市場の80%、北部の15%を占めている。購買力が落ち込むなか各社は市場研究を続け、新製品を出し、アフターサービスに力を入れ、見本市への参加、またブランドイメージの向上へ投資している。

 プラスチック協会のPham Trung Cang副会長は、毒性化学物質の含有がささやかれる中国製プラスチック製品が各国で嫌われているこの時期、国内各社には難しい市場へ輸出する機会も多いと話す。今日では欧米のスーパーでもベトナム製のプラスチック製品が並ぶようになった。1~2年前はほとんど中国製品だった。10年前、カンボジア市場ではタイ製品が優勢だったが、今はベトナム製品が受け入れられている。

 同協会によると、現在国内での1人当たり年間プラスチック製品消費量は28kg。この5年の業界の成長率は年平均15~20%で、輸出額は2007年の8億5,000万ドルから2008年は9億ドルに増え、2009年は9億5,000万ドルに達すると見られている。しかしLam氏は、潜在力は非常に大きいが、輸出額はそれ相応に達していないと指摘する。

 輸出向けプラスチック製品の40~50%を占めるのは、スーパーなどで使われる袋だ。これを受け協会が出した目標は、2010~2020年に以前から強い家庭用プラスチック製品の発展を進めることである。並行し工業用プラスチック製品にも力を入れる。協会や業界各社は将来の発展について、経済危機後にどのような道をたどるかが問題だとしている。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/08/06 06:41更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務Facebook、違法広告掲載で公安から警告(04/19)
[クローズアップベトナム最新情報4576号 目次(04/19)
[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > プラスチック業界、中国製品にも勝算あり 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.