HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

ダラットのプリザーブドフラワー、日本からの需要大


 Da Lat市の農家Nguyen Cong Hoaさんは、不死の花を作り出す技術の導入に初めて成功した。外国から帰った友人から生花保存に関する情報を聞いたHoaさんは、何年も研究を重ね、2006年4月にプリザーブドフラワー製法を確立した。

 「今は5~7年色あせることなく寿命を伸ばすことができます。主にバラ、カーネーション、ガーベラ、アマリリス、キク、ランなどを作っています」とHoaさんは話す。1本1,500~2,000ドンのバラの生花は、プリザーブドフラワーになると10倍の値をつける。コストを差し引いて手元に残るのは1本3,500~4,000ドン。バラを中心に毎月1万~1万5,000本を業者に卸すという。

 卸業者によると、Hoaさんのプリザーブドフラワーはこれまでの2年間、1カ月3,000~5,000製品しか日本へ輸出できなかった。注文を増やしたいという取引先もあったが、資本不足で生産規模が拡大できず、契約を断らなければならなかった。

 Dalat Fbio Corpも22カ月の研究を経てプリザーブドフラワーの生産に成功、2008年末からこれまで日本へ毎月1万~1万2,000本を輸出している。Nguyen Dinh Chuong副社長によると、日本はプリザーブドフラワーを好む大きな市場だが非常に難しく、品質、サイズの基準、色も重要な要素となる。全てを厳しく管理し、本物の花のような鮮度ややわらかさ、外見を保って初めて受け入れられる。日本ではガラスケースに入れられたバラが1本20~25ドルで販売されている。

 現在同社では注文にあわせてバラやカーネーション、キクや観賞用の葉などを30色に染めることができる。今は日本のほかドイツ、デンマーク、アメリカ、ベルギーなどのパートナーとも商談を進めている。

(Sai Gon Tiep Thi)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/08/01 11:31更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)
[クローズアップベトナム最新情報4574号 目次(04/17)
[日系企業情報日系企業で働く工員、年末の楽しみ(04/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > ダラットのプリザーブドフラワー、日本からの需要大 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.