HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

即決するホーチミン市、慎重だがブランド好きなハノイ


 地域による消費者の違いについて、Nielsen Vietnam社がホーチミン市とハノイで調査した結果、ホーチミン市の消費者が即決する一方、ハノイの消費者は将来を見据えて節約する傾向が見られた。

 支出に慎重なハノイの人々だが、71%が携帯電話や化粧品など高級品やブランド品を好むと答えている。珍しいものを好み、値段は気にしないという結果も見えている。これが、高級ブランドがベトナム進出の地としてハノイを選んでいる理由だ。またハノイで洗練された高貴なデザインが好まれる一方、ホーチミン市の人はシンプルで使いやすいものが好きだ。

 Nielsen Vietnam社のAron社長によると、歴史や文化、経済の違いから、ベトナム各地の消費者は異なる姿勢や思考を持っており、この違いはブランドの選択や購入を決定する過程、習慣、消費信頼度に表れている。

 「ハノイの人は10ドン稼いで1ドンだけ使うが、ホーチミン市の人は10ドン稼いだら11ドン使ってしまう」という認識はいまだ一般的で、これは双方の消費習慣を言い当てている。Nielsen社の調査によると、ホーチミン市の消費者は「私」を中心に考え、購入時に他人の意見への関心が薄く、自分が必要だと思えば買う。一方ハノイは「私たち」と考える傾向が強く、周囲の意見に影響される。彼らは非常に複雑な消費者で、目立ったり関心を集めたいと思いながらも、社会の規律から逸脱したくないと考えている。

 北部に支店を持つスーパーの社長も、南部は北部より購買力が常に10~30%高いと指摘する。よって新製品を発売する際には、まずはホーチミン市のような潜在力のある地域から投入し、それと共に北部に出し、その後近郊に拡大するのが良い。

 不況のなかで、ハノイの消費者は支出を抑えるがこれまでのブランドを使い続けるとし、ホーチミン市の消費者は支出に変わりはないが、安いブランドに切り替えるか、少量を購入するとしている。

(Tuoi Tre)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/07/22 07:59更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済2019年のベトナム消費者物価指数、3.9%まで抑制(04/25)
[クローズアップベトナム最新情報4581号 目次(04/25)
[コラムテトに向けたお年玉市場が盛況(04/24)
[クローズアップベトナム最新情報4580号 目次(04/24)
[統計情報2018年FDI企業の輸出額は3,130億ドル(04/22)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 即決するホーチミン市、慎重だがブランド好きなハノイ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.