HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

外資企業の「不誠実」に堪忍袋の緒が切れた


 ホーチミン市労働傷病兵社会福祉局が5月5日に開催した、外資企業向けの労働関連法の講習会は、開催側が肩透かしを喰わされる結果となった。

 開催側はこの日に向けて、企業の社長を中心に1,000人を招き、通訳担当者も準備した。だが蓋を開けてみるとどうだ。出席者はおよそ150人、それも区県の労働関係者やベトナム人の人事担当者ばかりだった。

 同市人民委員会の報告によると1995年以降、労働争議からストライキに発展した数は、総数856件に対し外資企業が477件と最も多い。そして、争議が起きた際に多くの投資家が口にするのは、「法律を知らなかったので、不適切な行動、労働者の権利を侵害することになった」という言葉だ。しかし、このように知識を得る機会があっても、そこに顔を出さないというこの姿勢は、とても受け入れられるものではない。

 本来なら、他国に投資する前に投資家は、投資関連法をはじめ、その国の各種法律を理解していなければならない。ここには労働関連法も含まれる。「法律を知らなかった」という言い訳は通用しない。

 特に外資企業の労働法違反が広まるなかで、国の労働担当機関による外資企業への法律の広報や講習会は、責任と誠意ある行動と言える。しかしそれは「招待をすっぽかした」投資家の無責任と不誠実な態度という形で答えが返された。

 今後、外資企業で労働法違反が起きた際には、厳粛に処分を進めなければならない。これまでのように甘やかしてはならない。「かわいい我が子が不良の子」だとわかったからだ。

(Nguoi Lao Dong)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/05/14 07:07更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[統計情報タイからの観光客が急増、年初5か月で47.5%増(09/11)
[クローズアップベトナム最新情報4693号 目次(09/11)
[クローズアップベトナム最新情報4692号 目次(09/11)
[クローズアップベトナム最新情報4691号 目次(09/11)
[クローズアップベトナム最新情報4689号 目次(09/11)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > 外資企業の「不誠実」に堪忍袋の緒が切れた 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.