HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

経済専門家3氏に聞く:ベトナムの景気回復は下半期以降に期待


 2009年は2008年以上の困難が予想されている。経済専門家Pham Chi Lan氏、ベトナム中小企業協会会長・国家通貨政策諮問会議委員Cao Si Kiem氏、国会経済委員会委員・Soc Trang省副人民委員長Nguyen Duc Kien氏の3氏に話を聞いた。

【今年の困難を乗り切るために求められることは何でしょうか?】

Pham Chi Lan氏:首相が年初に発表した対策をはじめ、すでに示された5つの景気対策を政府が良好に実施することを望んでいます。年初の発表は非常に熱意あるもので、国の発展、企業の困難排除、労働者・失業者に関心を持った適切な方針を示したものでした。

 しかしあらゆる企業、国民が努力して困難を乗り越えようとしなければ、国のサポートをただ待っているだけでは、困難を乗り越えることは難しいと思います。年初の発表で首相は、第一の対策は困難を排除することで、経済発展の困難を排除することについて、ビジネス環境の改善に優るものはないとしています。

Cao Si Kiem氏:需要をより効果的に刺激したいなら、さらなる金利の引き下げが必要で、輸出向け、国内消費を刺激するための融資が必要です。需要の刺激を図るなかで最も懸念されるのは、お金が必要なところに行かず、来ても時期を逸していたり、適切な量でないなどのことです。

Nguyen Duc Kien氏:政府の需要刺激策、またGDP比39%相当の社会全体の投資額を効果的に使用すれば、国内の力は強まり、早期に困難を脱せるでしょう。例えばSoc Trang省など、国債を活用できれば、数万という雇用を新規に創出し、省への投資を誘致する力を生むことができます。

【ですが私たちは需要刺激策に過度の期待をして、改革を忘れているような気もします】

Nguyen Duc Kien氏:改革は連続した過程で、今日改革と見られていたものが明日には時代遅れになっていることもあります。振り返れば、2000年企業法を実現するために大きな前進だと見られていたものが、2006~2007年に世界貿易機関(WTO)誓約を実現する段になって時代遅れのものとなっていました。そしてWTO誓約に沿って改革を進めましたが、2008年9月には、インフレとデフレが起こるという特殊な状況においてはその改革が不適切という不満を企業から聞くことになりました。私たちは政策には安定が必要なものの、実状に合わせるため柔軟でなければならないという矛盾の前に困惑しています。

Pham Chi Lan氏:ビジネス環境の改善を目指し、私たちはこれまで様々な努力をしてきました。ビジネス環境の改善は明白性、平等性、真の競争を生むような方向で連続して、強く進めていく必要があると思います。そうすれば実際の競争力が生まれ、経済におけるそのような競争は全ての人々にとって利益になるものだと思うからです。

Cao Si Kiem氏:ビジネス環境の改革は当然ながら、経済のより早い回復を助けます。インフレ抑制策の経験からわかることは、適切な対策があり、断固それを実施、同時に力を結集できれば、それはいち早く実際に現れるようになるということです。景気悪化を食い止めるため、平等、公平、明白な競争環境のなかで資金を早急に、適当な場所に注入すれば、それは成長の大きな弾みになると思います。


【我が国が現在の困難を基本的に乗り越えるのはいつ頃になるでしょうか?】

Pham Chi Lan氏:世界的な経済情勢の困難は、今年いっぱい続くというのが世界共通の見方です。そのため経済規模が小さく、世界経済に多くを依存している私たちのような国は、年内に困難が終わると期待してはいけないでしょう。より長く、深刻な困難な時期を迎えると仮定し、その対策を探る心の準備をしておくべきでしょう。その方が、状況が改善するものと期待し、そうならなかったときに混乱するよりましだと思います。困難をいかに乗り切るかという対策も、例えば数カ月というような短期でなく、相当の期間を考慮しておくべきです。

Cao Si Kiem氏:私は少し見方が違います。2009年は確かに非常に困難な一年になると思いますが、政府が対策を断固講じ、世界がそれぞれに経済後退の歯止めに取り組めば、それは第1四半期、第2四半期のみに起こることだろうと思っています。国内と世界の努力が合わさって、世界経済の困難を早期に終わらせる作用を生むと思います。昨年のインフレ対策の経験から、政府の対策は2~3カ月後に実生活に効果を発してきます。私がベトナム経済が下半期から回復するとしているのは、政策が実生活に反映されるその遅れの幅があるからです。

 世界中が横並びで危機を脱することはもちろんできません。適切な対策を持ち、効果的に展開できた国が、先に困難を脱せるでしょう。我が国は経済規模が小さく、競争力も弱く、多くを世界に依存しています。そのため適切な対策がなく、効果的でなければ遅れをとるでしょう。個人的には、2009年の成長率は5.5~6%にとどまると思っています。景気対策が良好に実施されなければ5%にとどまる可能性もあるでしょう。

Nguyen Duc Kien氏:輸出は上半期は非常に厳しいと思います。貿易促進活動を良好に実施し、市場を守ることができれば、輸出、特に繊維と履物は今年の第4四半期にも回復すると思います。

(Nguoi Lao Dong)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/02/27 06:55更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)
[クローズアップベトナム最新情報4645号 目次(07/16)
[クローズアップベトナム最新情報4644号 目次(07/16)
[日系企業情報Bamboo Airways、茨城県にチャーター便(07/12)
[クローズアップベトナム最新情報4642号 目次(07/12)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 経済専門家3氏に聞く:ベトナムの景気回復は下半期以降に期待 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.