HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

法事休暇の多さに頭を痛めるベトナム中部企業


 「工場に泥を持ち込む」とは、Quang Ngai省Sai Gon-Dung Quat工業団地にある工場の経営者らが、ワーカーが農家の習慣を工場に持ち込んだ際使う言葉だ。

 大半の工場では午前7時始業だが、雨が降れば7時になっても床の中という者もいる。一人が遅刻すれば他の作業に影響を与え、生産ライン全てが止まることもある。

 取引先が出荷を急かし、船が港で待っているという状況でも、ワーカーがマイペースに作業を続けることもある。
 Dung Quatではこれまでに160件のプロジェクトを誘致しており、ワーカーの数は2万人を超える。うち90%は農家出身だ。

 中部では北部ほど祭りは多くないが、法事や結婚等の行事の多さはどの地域にも負けていない。田舎では経済的な余裕は少ないが、ほとんどすべての法事が継承されている。年長者は、法事への出席を重視するため、都会で働き田舎に帰れないのは良くないことだとされている。

 この工業団地には木製品輸出企業や縫製企業が集中しており、ワーカーの数も多い。5月5日の端午節には、ワーカーが節句のお祝いに帰省するのをどの企業も認めている。「法事で帰省」についてはどの経営者も解決できていないが、許可しなくてもワーカーは休む。さらには田舎の法事では酒を大量に飲むので、法事後2~3日休むのも当たり前だ。

 「離農」したとはいうものの、その中身は農民で、これはQuang Ngai省内にある3つの工業団地の企業にとって最も頭が痛い問題になっている。

 どの企業も、ワーカーが仕事を始める前に規則を学ばせている。記された規律は非常に厳しいものだが、彼らがクビになるケースは非常に少ない。工場が常に人手不足の状況にあるからだ。また月給は120万ドン(約75ドル)程度で、多くのワーカーがより高い給料を得ようと次々と他社に移るため、クビになることを恐れてもいないのである。

(Lao Dong)

(2008/11/17 05:47更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > 法事休暇の多さに頭を痛めるベトナム中部企業 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.