HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:国会科技環境委、汚染工場の即時操業停止を提案


 国会科学技術環境委員会は、工業団地、都市区、経済区における法律、政策の実施状況の監査報告を公表した。委員会は首相に対し、回復の見込みがない重大な環境汚染を引き起こしている施設について、即時の活動停止措置を講じることを提案し、また現行の最高7,000万ドン(約4,375ドル)という罰金が、抑止、再発防止効果がないとしている。

 Nghiem Vu Khai副委員長によると、これまでに全国で183の工業団地が設立されているが、排出される廃水は全体的に基準に達していない。一部地域は廃水処理システムの設置率が低く、Ba Ria-Vung Tau省、Vinh Phuc省のように、15~20%のところもある。また処理システムを設置していても、コスト節減のため運転していない工業団地もある。工業団地内外の生産工場は多くのところで要求に達しておらず、検査の際のみ動かすという「対処療法」でしかない。

 Khai氏によると、環境対策に関する当局間での協力は、責任や管理の分担の問題などから効果があがっていない。ほか人員の問題もあり、現在我が国では100万人に7人の割合でしか、環境保護について専門的に担当する人がいない状態だ。一方この数字は中国20人、タイ30人、マレーシア100人、カナダ155人、英国204人となっている。

 ほか委員会は、税金、環境保護費用、罰金、ODAなどからの収入の使用方法が不明瞭で、調和に欠けているという認識を示している。環境関連の費用から得られる収入は、国が廃棄物の回収、処理に投じる額の10分の1程度でしかない。環境汚染を引き起こす可能性のある事業活動に対する環境保護基金の準備も、厳格に行われていない。

 環境汚染に関する訴訟は増加しているが、現在に至るまで当局は、環境保護の約束を実現しない事業体に対する厳しい措置を講じることができていない。

(Tuoi Tre)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2008/10/09 08:59更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:国会科技環境委、汚染工場の即時操業停止を提案 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.