HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:消費の成長鈍化とインフレ減速


 通貨、為替相場、コスト上昇、需要増、世界的なインフレといった多くの要素から進んだインフレは、これらの著しい改善から減速傾向にある。

 高いインフレを前に最終消費は引き締めへと進み、インフレ抑制にプラスに働いた。小売・サービス業の売上で表される最終消費だが、過去の数字はどうだったのだろうか。

 まず物価上昇率を差し引いた小売・サービス業の成長率は、2003年からこれまで高い伸びが続いた。2003年が15.3%、2004年が10.8%、2005年が11.3%、2006年が15.5%、2007年が13.3%で、いずれもGDP成長率より高い。

 小売・サービス業の成長は両面の作用があった。ひとつは、市場の購買力、あるいは国内消費を通じた最終消費が経済成長の原動力となり、世界13位の人口をほこる市場を手に入れようとする生産業の投資家を誘致、ベトナムの消費水準はまだ低いが、非常に速いスピードで成長している。もうひとつの面として、上記のような著しい成長が同時にインフレと輸入超過を引き起こす原因となることがある。

 物価上昇要素を排除した今年年初4カ月の小売・サービス業の成長率は、経済成長率を大きく上回った。しかし5月から減速し、7月以降はわずかな上昇にとどまる。その他の要素とともに小売・サービス業の売上成長の鈍化は、インフレ抑制と輸入超過の減少に大きな貢献をした。

 しかし注意すべき2つの問題がある。ひとつは低所得層を中心にほとんどの人が消費を抑えるなか、一部は消費を拡大、高級品や輸入品を好み、インフレだけでなく輸入超過への圧力を生んでいる。2つ目は生産事業が物資調達でも出荷の段階でも困難に直面していることだ。この状況で高い成長目標を達成するのは難しく、臨機応変なインフレ抑制、通貨引き締めが求められる。

(Thanh Nien Online)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2008/10/02 03:10更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:消費の成長鈍化とインフレ減速 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.