HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

ベトナム:労働者の工場敬遠、ますます深刻に


 工業団地や輸出加工区を中心に、ホーチミン市の企業では全体として労働者が不足している。

■条件下げ、大盤振る舞いも効果なし
 「現時点で各社は1万人以上を必要としているが、私たちが応えられるのはこの30~40%に過ぎない」輸出加工区・工業団地管理委員会(HEPZA)の職業紹介センターNguyen Thanh Tung所長はこう話す。供給が足りないだけでなく、輸出加工区・工業団地内で働く25万人の労働者は、毎年3~4%の割合で減少しているという。

 7月はじめ、Tan Thuan輸出加工区(7区)、Linh Trung輸出加工区(Thu Duc区)、Tan Binh工業団地など各地で、労働者を大量に新規募集する横断幕が多数掲げられた。「ガソリン・技術・勤続・住宅手当」「能力に応じ毎月昇進、スポーツクラブ、慰安旅行有り」横断幕にはこんな文字が躍る。

 しかしこんな大盤振る舞いも成果は芳しくないようだ。経験のある労働者は現在、工場以外の職や全く新しい別の道を歩むことを考えており、企業は労働者不足に頭を悩ますばかりだ。Linh Trung輸出加工区内のある企業の警備員によると、募集広告はすでに1カ月以上も出されているが、問い合わせに訪れたのは数十人に過ぎない。Tan Thuan輸出加工区の職業紹介センターでも募集告知を見に来ているのは7~8人だった。

 Tan Tao工業団地内の縫製会社の人事部長H氏は、「人材探しはとても難しい」と話す。労働者には現在、地域的にも業種的にも多様な選択肢があり、各社の人事部も座して待たず、すすんで地方に赴き説明会などを開催している。H氏も昨年末からこれまでに、Phu Yen省やQuang Ngai省など中部、Ben Tre省などメコンデルタ地域を幾度となく訪れている。

 以前と比べ、募集条件も大きく引き下げられている。Tan Thuan輸出加工区のある人事部担当者Hue氏によると、募集年齢は以前は18~25歳だったが、現在は30歳にまで広げ、最終学歴も高卒から中卒に下げ、場合により小卒でも受け入れている。

■厳しい労働条件で起こるスト
 我々の調査によると、募集広告の多くは縫製、履物メーカーに集中している。輸出品の生産企業などでは年間残業300時間を適用できるが、実際に出荷時期になると労働者らは1日平均10~13時間の勤務を強いられる。

 6月中旬頃、Linh Trung 1輸出加工区のKollan社でストライキが発生したが、これは過度の残業に端を発したものだ。ある工員によると、残業は月間で80時間を超えていた。

 今年はじめから労働者の収入は上昇傾向にあるが、彼らの困難は変わらない。「一部では待遇を良くしているが、定着策を持たない企業は多い。労働者の生活の質は落ちており、その結果、この数年工業団地・輸出加工区に人が集まらなくなった」とTung所長は話している。

■技術無しの労働者増に懸念
 ホーチミン市科学技術局の報告によると、工業分野の市内企業のほとんどは技術水準が並みかそれ以下だ(現代的な技術を持つ:10%、並み:32%、遅れた・非常に遅れた技術:52%)。現代的な技術を導入している企業は、繊維分野では212社中21社、履物では40社中4社に過ぎない。

 市人民委員会に提出された、輸出加工区・工業団地内の経済構造改革促進提案によると、HEPZA内の企業の多くが中小で、少ない資本で多数の労働者を雇用している。HEPZA代表のVu Van Hoa氏によると、市の産業構造はそのほとんどが加工で、完成品を生産するものではない。電子部品大手でも、工程の一部を担当しているにすぎない。

 企業が技術革新を進めなければ、労働者から自主性は失われ、技術向上に向け学ぼうとする意識が小さくなる。そうしていれば労働者の給料は勤続年数に沿ってわずかに上がるだけで、将来的に技術を持たない労働者層が形成され、ある年齢に達すれば彼らはお役御免となる。「職業訓練校と企業の連携がないため、需要拡大の一方で供給は縮小している」とTung氏は話す。この問題を解決するため、労働傷病兵社会福祉省は企業が労働者を自主育成するに適した制度をつくり、同時に職業訓練の社会化をはかるべきだとしている。

 Hoa氏によると、HEPZAは縫製や履物企業の移転計画を立てており、2008年にはLe Minh Xuan工業団地内の企業で実施する。このテストケースをもとに他の工業団地でも行う計画で、「生き残りのため企業は技術革新を優先しなければならない。HEPZAは技術革新をする企業に融資するなど支援していく。高い技術を持つ企業だけが市に存在できる」と話している。

(Tuoi Tre)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2008/08/27 06:40更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラム「日本の精神を持っている」と評価されるベトナム人実習生(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4626号 目次(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4624号 目次(06/24)
[事件と出来事ベトナム外務省、南シナ海での中国船による沈没事件で声明(06/21)
[クローズアップベトナム最新情報4623号 目次(06/21)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > ベトナム:労働者の工場敬遠、ますます深刻に 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.