HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

金利引き上げがベトナム企業の経営を直撃


 国家銀行が金利上限の引き上げを決定してから、各行がこぞって高金利を発表するようになった。この決定が商業銀行を助けた一方で、中小企業を中心に資金調達が困難になり、企業は倒産の危機に直面している。

 Amoro Vietnam社のNguyen Thi Anh Nguyet社長は「コスト節減、効率アップ、融資を必要最低限に留めるといった対応をしているが、根本的な解決にはならない。金利の度重なる変更で生産のストップや事業計画の変更を余儀なくされている」と話す。

 Kova塗料のNguyen Thi Hoe社長も「政府のインフレ対策は現状に合ったものだが、銀行の預金準備率や金利の引き上げは検討すべき問題。これらは直接企業に影響し、特に中小企業は借入が非常に困難になる。資金に余裕のない小さな企業は倒産の危機にさらされる」と話す。

 国家銀行Nguyen Van Giau総裁は、基本金利の引き上げは金融機関の金利調整の基礎とするもので、同時に銀行間の金利を方向付け、調整するものだとしている。基本金利は銀行間の国内通貨市場金利、金融機関の調達金利および資本の需給、短期通貨政策の調整目標に基づいて確定しており、常に変化させ流動性を保証している。

 現在の市場の融資金利を正しく反映したもので、通貨・融資市場に大きな悪影響をおよぼすものではないとしている。また総裁は、基本金利の調整は金融機関が金利を安定させる基礎となるもので、同時に基本金利の150%という上限を超えることによる民事法違反を犯さない助けにもなるとしている。

 預金金利が年12%、預金準備率、国債の購入義務、決済について考慮すると資金コストは16.9%になり、融資金利の上限を1%下回るだけだ。コストを削っても利益はわずか。

 一部銀行は、預金金利を15%、融資金利を18%としてとんとん、もしくは赤字と話す。当の銀行も金利引き上げには積極的でない。融資金利をこれ以上高くできなくなるからだ。

(Dau Thau)

(2008/06/05 04:06更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 金利引き上げがベトナム企業の経営を直撃 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.