HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

クローズアップ

コメ騒動の主犯は誰か、責任転嫁するベトナム国営企業


 コメ騒動が過ぎ去った後、コメを求め50~100%増しの価格で購入した人々は、その代金が無駄なものだったという事実を知った。しかしコメ価格は元の水準には戻らず、一般労働者や学生向けの食事は一皿2,000~3,000ドン値上がりし、さらにインフレを深刻化させている。

 わからないのはここ数日、国営のコメ販売・輸出企業の多くが、テレビや新聞で「ベトナムはコメ不足ではない。コメ高騰は私商による投機が原因」と一様に述べていたことだ。

 最初の「コメ不足でない」というのには何の異論もない。しかし次の「私商」という言葉は聞き捨てならない。この呼び方はバオカップ(配給制度)時代のもので、時代遅れかつ差別的だ。

 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟して1年余り、世界経済への統合深化を進める段階にあるにもかかわらず、非国営の経済組織を指すのにマイナスのニュアンスを含んだ言葉を使うのは受け入れ難い。彼らは国営企業と同様にすべての権利を有し義務を果たしている。

 ドイモイ政策以降、民間の経済組織がベトナム経済に果たしてきた役割が非常に重要なものであることは誰の目にも明らかだ。

 このような時代遅れの言葉を使うのは責任転嫁が目的であるに違いない。現在のコメの販売・輸出は誰が握っているのだろうか。

 コメ騒動が私商による投機が原因とするならば、コメ価格が高騰した4月26~28日には何もしなかった国営企業が、首相が指導を出した直後にコメを放出したのはなぜだろうか。ここで最も影響力を持つ投機家は誰だったのか。

 今回のコメ騒動における投機筋に関する公安の調査について、世論は国営企業から始めるべきだとしている。

(Lao Dong)



(2008/05/17 01:22更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済 中国人民元の切り下げ、ベトナムへの影響(11/12)
[クローズアップベトナム最新情報4746号 目次(11/12)
[人事・法律・会計・労務外国人に対するビザの改正・法制化を提案(11/11)
[クローズアップベトナム最新情報4745号 目次(11/11)
[政治・経済ベトナムの国家財政が黒字に、理由と今後の課題(11/10)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > クローズアップ > コメ騒動の主犯は誰か、責任転嫁するベトナム国営企業 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.