HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

それでもベトナムは強く発展――Standard Chartered銀行が報告


 経済成長の減速と高いインフレから、今後のベトナム経済の見通しに懸念が広がっている。しかしStandard Chartered銀行はこのほど発表したレポート「On the Ground in Vietnam」で、ベトナムが強く発展する8つの理由を示している。

 同行の専門家は、楽観的な見通しをしているものの、経済に対するショックを緩和するには、政策を一歩一歩断固として進め物価上昇を抑え、短期的にはまず、示された目標に経済成長率が届かなくても、これを受け入れなければならないとしている。

 ベトナムは、貿易の開放で少なくとも3つの利益を得ている。まずは成長の伸びしろがさらに増したことだ。内需に頼るだけでなく、外需を引き込み成長を促進できる。

 二つ目の利益が、外国投資のさらなる誘致だ。所得はまだ比較的低く、これはベトナムの国内市場が、内需に対応する外国投資家の生産に魅力的になっていないことを意味する。外国市場へのアプローチ強化により、各国企業がベトナム投資に価値を見出し、そこから資金、技術、ノウハウの流れが促されるだろう。

 三つ目は、輸出市場へのアプローチが容易になり輸出が伸びていることだ。輸出額の対GDP比は、1996年の30%から2007年にはアジア最高水準の67%になり、輸出額は72億ドルから484億ドルに拡大、成長率は年平均で19%だ。

 これらの要素と安定した政治、ビジネスに対する強い行政支援、テロのないこと、競争力のある労働コスト、投資奨励が結びつき、ベトナムは、他国と比べ多様な生産ができる魅力ある国になった。日本の投資家にとってはさらに、「中国+1」を形成できる魅力がある。

 ベトナムの人口についてStandard Chartered銀行の専門家は、ベトナム経済が強く発展する2つの要素があるとする。

 まず労働力だが、現在の規模や将来的な伸びは、多くの労働力を要する生産業を支えるだろう。給料は上昇傾向にあるが、高い技術やレベルが求められる職種を除き競争できる水準にある。

 証券市場の活発化により、銀行から優秀な人材が多数動いた。中・上級管理職ニーズが日々高まっており、給料や待遇への圧力が増している。法律や会計といった他業種でも、これと同様のことが起きている。

 消費では、8,500万の人口はかなり多いといえる。購買力は今後6~7年で倍増、2025年には3倍増することが期待され、今後多くの小売業者が発展するだろう。一人当たりGDPが1,000ドルを超えれば、消費はさらに増える。ベトナムの消費者はブランド価値をはっきり認識し、良いものには高い金を出す。

 貯蓄率は地域内でも比較的高く、1990年の3%から2006年には30%超に上がった。投資などにも使われる貯蓄は、消費力の潜在性を測るものさしといえる。

 専門家がより大きな関心を抱いているのがインフレと資本だ。外国直接投資(FDI)、間接投資、海外からの送金、ODAという4つの重要資本は、経済発展をもたらす資金源だが、政府と国家銀行は、2008年3月に年間上昇率19.4%にまで達したインフレ圧力緩和のため、通貨管理の強化が必要だ。

 物価上昇が収まる兆しはまだ見えていない。比較的自由な資本統制をするなかで、より多くの資金管理ツールを必要とするベトナムにとって、これは大きな試練といえる。

 Standard Chartered銀行のアナリストは、貿易は今後しばらく赤字傾向が続くとしているが、流入する資金の増加によりドンの価値が高まる圧力は緩和される。

 FDIは200億ドルを超えGDP比30%となっており、中国や他の発展途上国よりFDIに大きく依存していることが分かる。2008年は約200億ドルの貿易赤字が予測されているが、間接投資を含まずFDI、ODA、海外からの送金で計300億ドルの資金が入るだろう。

 この巨額な資金により開発資金が不足することはないが、専門家は、資金過剰が諸刃の剣になる可能性があるとする。外国投資家がベトナム経済の見通しを危惧すれば、資金が逆流するかもしれず、インフレ率の上昇により資金の入りが遅くなり、外に出るようになる。

 貿易赤字が大きい状況のなかでは、資金の動きの変化は金融分野に大きく影響する。このため政府は、信頼できる通貨政策や投資家の信頼を確保できるよう規定を改める必要がある。
 
■ベトナムが強く発展する8つの理由
 ?政情の安定、?グローバル化、?地域的な発展、?リスクの多様化、?人口トレンド、?中流層を巻き込んだ消費者の権利保護の強化、?潤沢な資金源、?隣国の教訓。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam)



(2008/05/14 07:44更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[政治・経済 トランプ大統領の戦略に動きを合わせる各企業(08/19)
[クローズアップベトナム最新情報4674号 目次(08/19)
[クローズアップベトナム最新情報4668号 目次(08/13)
[日系企業情報「ハローキティ」のテーマパークに着工、ハノイで2020年開園予定(08/12)
[クローズアップベトナム最新情報4666号 目次(08/12)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > それでもベトナムは強く発展――Standard Chartered銀行が報告 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.