HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

投資・進出

ベトナム:投資を集めるダナン、地理・自然・気候に魅力

 数億ドル級の内外投資家のプロジェクトが、ダナン市で続々と始まっている。小規模投資家も彼らの後を追い、やってきている。この街が投資家を引き寄せる魅力とは――。

■街は一大建設現場
 ダナン市では現在、街中の至るところで建設工事が進められており、建設機械、トラックの音が騒々しく響く。
 
 1月9日、Vegas Hotel&Villas社はNgu Hanh Son区Hoa Hai街区でRafflesホテル・マンションに着工した。Kingdom Hotel InvestmentsとEuropean Hotel Corporationが出資する上流層をターゲットにした高級リゾート施設で、投資総額は1億ドルを超える。2011年の営業開始を目指している。
 
 それから10日後、Dong A不動産は市中心部で複合施設Golden Squareに着工した。投資総額6億ドル、高級マンション、高級ホテル、リース用オフィス、アミューズメントスペース等が含まれ、2010年に営業を始める予定だ。
 
 VinaCapitalは1月末、Ngu Hanh Son区で投資額1億3,000万ドルを超えるゴルフ場・観光区プロジェクトに着手した。これ以前の1月14日には、未着工ではあるものの、FPTが投資総額9億5,200万ドルに上るNgu Hanh Son区におけるFPT都市区の建設プロジェクトについて、ダナン市と合意書を交わした。

 FPT不動産のHoang Nam Tien社長は、「ダナンをはじめとする中部は現在、内外の大型プロジェクトを多数誘致している。地域の投資家の吸引力創出に貢献するため、プロジェクトの一部をヴィラ地区とし、ここで他の都市区と差別化する」と話している。
 
 2月29日、韓国Daewon社のHai Chau区でのDa Phuoc国際都市区整備計画に、人々は再び驚かされることとなった。投資総額2億5,000万ドルで2011年に完成予定の都市区は、同グループにとってベトナムで5つ目、また世界で2番目の規模のプロジェクトである。

 Chun Young Woo会長はこのプロジェクトについて、経済的利益よりもダナン市の発展とともに、グループのブランドイメージが増すことに重きを置いているという。
 
 またQuang Nam省でのThe Nam Haiリゾート、ダナン市でのIndochina Riverside Towersを成功させたIndochina Capitalは3月19日、Hyatt Regency Danang Resort&Spaに着工した。投資総額1億ドル、2010年に営業を始める予定だ。
 
 このようにダナン市で、数億ドル規模の観光関連プロジェクトが複数進められているなかで、不動産コンサルティング会社CBREのMarc Townsend社長は、リースオフィス市場にさほど関心が持たれていないため、ダナン市を訪れる外国投資家の増加によりオフィスが不足するだろうと話している。
 
 Indochina Capitalはなぜ、オフィス・高級マンションでなくリゾート施設を選んだのか。これについてHyatt Hotels&Resortsアジア太平洋地域マーケティング担当副会長のGraham Carder氏は、「Indochina Capitalは、ベトナムが世界有数の観光スポットになることを睨んでいる。

 ダナン市は観光客、ビジネスマンの保養、会議の場として年々魅力を増している。プロジェクトはその傾向を受けたもの」と話している。

■大型プロジェクトの後を追って
 「大型投資にくっついて」ダナン市で不動産プロジェクトに投資するViet May観光社のHo Thi Thanh Minh副社長はこう言う。Minh氏と一部小規模投資家によると、大型外国投資プロジェクトの周辺を中心に、現在ダナン市の不動産事業は効果を挙げている。
 
 海沿いのリゾートに投資する意欲も条件もないが、ハノイ市Thuong Dinh製靴社のNguyen Hoa Binh氏はダナン市のHan川沿いの土地を23億ドン(約14万3,750ドル)で購入した。2カ月前と比べおよそ倍の価格だが、早く決めなければ、買う土地がなくなってしまう。

 現在ダナン市の土地は日ごとに値段が上がっており購入は容易でない。観光関連のサービスができるような土地は、すでになくなっているという。
 
 躊躇したために機を逸した例も多い。Hai Chau区のある建設資材業者の社長は、2回ためらったことでCam Le区の工場を買う機会を失い、Hoa Khanh工業団地内で工場を借りなければならなくなった。
 
 中部建設会社のTran Quang Tuan社長も、工場用地を探すのに非常に苦労し、ようやく300m2超の広さの工場を探し当てることができた。

 「以前はCam LeやNgu Hanh Sonの土地を買う人なんていなかったけど、今は目を皿のようにしてやっと希望の土地を見つけられるほど。デポジットを払い、土地を受け取るために資金を揃えて訪ねると、デポジットを返却され、賠償金まで負担すると言われることもある。それくらい地価は急騰している」とTuan氏は話す。
 
 2007年、Ngu Hanh Son区でのゴルフ場やリゾート施設建設の話が伝わった途端に、この地域の不動産価格は大きく変化した。

 VinaCapitalが1月25日にゴルフ場とリゾート施設に着手すると、Ngu Hanh Son地区の地価はテト(旧正月)前と比較し2倍に跳ね上がった。Cam Le地区では、市が川に架橋する準備をし、また市の開発を南に向けるという情報が流れてから上昇傾向になった。
 
 先のThuong Dinh製靴社のBinh氏に話を戻そう。3月18日に電話をすると、件の土地について27億ドン(約16万8,750ドル)を支払う人が見つかったという。また彼のハノイ市在住の友人はNgu Hanh Son区で300m2の土地を購入し、すでに10億ドン(約6万2,500ドル)ほどの利益になっているそうだが、まだ売る気がないという。
 
 6年程前、ホーチミン市では不動産価格がピークに達し、その後間もなく市場は停滞した。

 今日のダナン市の不動産市場をこれに重ね合わせる向きもあるが、Jones Lang LaSalle不動産コンサルティング会社の研究・投資コンサルタント部長Le Quang Buu氏は「発展途上の不動産市場はいずれも、予測しがたい過熱・冷却期を経験する。ホーチミン市の7~8年前の不動産市場は法的にも不透明だった。しかしダナンの場合は完全に異なる。ダナン市での住宅、リースオフィス、商業施設、ホテルへの投資機会は非常に大きいと思う」と分析する。

■ダナンを選ぶ理由
 中部で海を持つ省が10省を超えるなかで、なぜ投資家はビジネスチャンスを求めダナン市に押し寄せているのだろうか。そしてこの流れのなかで、ダナン市の好立地は全てなくなってしまったのだろうか。
 
 市投資促進センターのLe Canh Duong副所長は、「海沿いの土地はもうなくなったが、投資家の誰もが、海沿い、好立地でのプロジェクトを望んでいるわけではない」と述べた上で、「なぜダナン市なのか」という問いについては、「投資家自身に尋ねてください。市当局側が答えれば、『手前味噌』と思う人もいるでしょう」とのことだった。
 
 国内外の投資家にインタビューしたところ、彼らにはダナン市を選ぶ理由があった。
 
 まずは、ダナン市の位置が非常に高く評価されている。雄大なTruong Son山脈を背後に持ち、海抜500mを超えるHai Van峠により、ダナン市の気候は非常に過ごしやすい。冬に近隣各省のように冷え込むこともなければ、夏もかなり涼しい。

 またVinaCapitalの代表は、「ダナンは東南アジア地域の重要な海の玄関口のひとつ」と話す。ダナン市はTien Sa海港をそのターミナルとする東西経済回廊上にある。
 
 日本人ビジネスマンTokuda氏は今年1月、市幹部と面会した際に、道路、鉄道、海路、空路と4つの交通ルートを持つ市のインフラが他の大都市と比べ整っていることに触れた。だが他の発展途上国と比較し、空港はまだ国際水準に達していないという。
 
 国内投資家がここで工場用地を取得している背景には、現地の労働力がある。ベトナム繊維グループ(Vinatex)によると、人件費はハノイ市、ホーチミン市と比較し20~30%低く、工業団地内でもより広い工場を建設できる。
 
 しかし多くの投資家が嘆息しているのは、上級職の人材が見つけ難いことだ。Viet May社のMinh氏は、「ダナン市には大学・短大が20校近くあるが、理論偏重で、雇用に際してはそれが受付であっても再育成しなければならない」と言う。
 
 90万を超える人口、近隣省と比較し高い生活水準も、小売業者がダナン市を選ぶ理由だ。ファッション用品の流通をするHal’s GroupのLe Hoai Anh会長は、ダナン市を高級ブランドにとって潜在性ある若い市場だと見ている。

 Vinh Trung Plaza、Indochina Riverside Towersなどのビルの小売用地は、未着工のうちから多くの投資家から申込みがあった。
 
 「なぜダナン市なのか」この問いの最後の答えは金融システムだ。1年に平均して国内外の20を超える銀行が同市に支店を構えている。この地での金融システム発展の楽観性から、ダナン市を訪れる投資家は、資金調達や各種金融サービスなどで安心できるのである。

(Nhip Cau Dau Tu)


(2008/04/17 04:05更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[法律・会計・労務外国人に適用される土地に関連する行政手続きが公表(05/15)
[クローズアップベトナム最新情報4296号 目次(05/15)
[事件と出来事ドンナイ省人民委員会の妻が職権乱用、夫の会社に便宜を図る(04/27)
[クローズアップベトナム最新情報4284号 目次(04/27)
[事件と出来事南シナ海で中国船の攻撃を受け、ベトナム漁船が沈没(04/26)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 投資・進出 > ベトナム:投資を集めるダナン、地理・自然・気候に魅力 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.