HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムの裾野産業、変わらないノロノロ運転

 我が国が工業化方針に基づき開発を始めて20年あまり。外国投資誘致は拡大し、世界経済との統合も深化しつつある。しかしながら最終製品を生み出す脊髄となる裾野産業は、まだ未形成だ。

 Fujitsu Vietnam社は5年前の進出時、国内企業64社を探したものの、ネジを購入することができなかったという。これはベトナム商工会議所(VCCI)主催で昨年末に開催された裾野産業に関するセミナーで言及されたもので、ややオーバーに聞えるかもしれないが、これが国内裾野産業のお寒い現実だ。

 裾野産業の供給元を探しあぐねているのは外資企業ばかりではない。「少し高級な車種を生産しようと思うと、外国の供給業者を探さなければならない。シートやカバー用布地などの簡単なものでも、国内企業の製品は品質で対応できない」Sai Gon交通運輸機械総公社(Samco)マーケティング部のNguyen Xuan Dien氏はこう話す。

 医療機器を主に生産するPhana社では最近、自動昇降機能付きのベッドを生産した。生産がほぼ完了に近づいた頃、取り付ける電気モーターを購入しようと様々な企業に連絡したが、どこにもなかった。

 業界に精通した人物を頼りようやくホーチミン市8区の青空市場Nhat Taoに行き着き、必要な電気モーターを調達できた。「Nhat Tao市場には欲しい物が何でもあった。輸入品は種類、ブランド十分に揃っている」と話すPhan Phat Nang社長は、裾野産業で活動する国内企業は増えたが、品質は低く、簡単なものしか生産できないと指摘する。

 経済の著しい発展とともに、履物、電子製品、衣料品など国内企業の多くが毎年大きな輸出実績を挙げているが、ほぼ全ての企業が原材料の50~80%を輸入に頼っており原材料調達で苦慮することが多く、輸出品の付加価値は低い。国際市場で価格がわずかに動いただけで、損失や倒産に至る例もあるほどだ。

 電機・電子分野では売上・輸出額の90%を外資企業が占めるが、彼らに必要な製品を供給しているのは彼らの衛星企業で、繊維分野では輸出額の70~80%を輸入原料に頼っている。

 造船業も、5万3,000トン級船舶の建造・輸出実績、そして現在は10万トン級の建造を進めていると自賛するが、専門家は、ベトナムの造船業は組立に過ぎず、デザイン、資材、エンジンに至るまで、ほぼ全てが外国頼みだと指摘する。

 自動車生産に関しても、国から長い間保護され、発展に向けた計画も定められているにもかかわらず、国内で対応できる製品の割合は現在も5~10%と裾野産業の発展が最も低い分野に入り、その製品もケーブルやシート、単純プラスチック部品など簡単なものでしかない。

 脆弱な裾野産業の現状に対し2007年7月、商工業省は、中小企業の裾野産業参入奨励を主な内容とした2020年を見据えた2010年までの裾野産業発展計画を承認した。だが発展計画が展開され1年近くが過ぎたものの、国内企業の多くはこれに関心が薄いか、知らない状況だ。一方政策を展開する機関も、その行動は遅い。

 全国の工業生産のけん引役たる存在のホーチミン市でさえ、まだ2020年を見据えた2015年までの市の裾野産業発展プログラムの大綱をまとめた段階に過ぎない。市工業局の担当者によると大綱は担当機関の承認待ちの段階だが、「承認後には各分野の検査、評価などの作業で6カ月ほどかかる」。

 これらの状況に対し専門家は、国は裾野産業発展計画の展開を速める必要があると指摘する。これに加え技術支援・技術移転強化に向けて、政府直属機関が舵取り役となる企業支援に向けた措置も必要だ。また国は、各分野、製品ごとの技術基準を新たに公布することも不可欠だ。

(Sai Gon Giai Phong)


(2008/03/29 02:04更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事【北部豪雨・洪水】死者・行方不明者100人超える(10/16)
[クローズアップベトナム最新情報 4130号 目次(10/16)
[事件と出来事「公務員の日本企業からのガソリン購入禁止」SNSでデマ広がる(10/14)
[クローズアップベトナム最新情報 4129号 目次(10/14)
[コラム日→越→韓:越サッカー連盟は“日本化”の失敗に何を学んだのか(10/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムの裾野産業、変わらないノロノロ運転 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.