HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムホーチミン市、CDMプロジェクトを多数展開


 ホーチミン市リサイクル基金は2008年に実行されるクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトの準備を行っている。

 市資源環境局固形廃棄物管理部によると、これらプロジェクトは2007年初よりスタートしており、韓国の投資家はDong Thanhゴミ処理場でプロジェクトを実施する。ゴミ処理過程で排出されるガスを燃焼し電力に変えるもので、この電力は電力部門が買い、国の電力網に組み込まれる。

 プロジェクト実行期間中(2008~2014年)に処理される排ガス量はCO2約20億4,000万トンで、これを認証削減排出量として記録、これは世界のCDM市場で売買され、その収入を韓国60%、ベトナム40%で分ける。

 市人民委員会環境専門家Huynh Thi Thu Ha氏によると、Phuoc Hiep 1ゴミ処理場もCDMプロジェクトのリストに入っており、冷房機や冷蔵庫に使用されている冷媒の交換に関するプロジェクトも行われる。

 市の環境を汚染している養豚場も、ブタの糞尿を処理しバイオガスにする。廃水処理条件が整っていない工場の一部も加わる可能性があり、リサイクル基金はHiep PhuocとThu Ducの火力発電所を対象とすることを考慮している。市で唯一地下排泄物処理を行っているHoa Binh肥料会社も対象で、処理技術の改善と工場建設投資が行われる予定だ。Ha氏によると、ホーチミン市はこれらの可能性をすべて評価しなおし、投資を誘致していく。

 インドネシアのバリ島で昨年12月6日に開催された気候変動に関する会議では、ベトナムは今後4年間(2008~2012年)でCDMプロジェクトにより2億5,000万ドルの収入を得るとしており、なかでもホーチミン市は最も高い収入を得る可能性がある。

 ベトナムが京都議定書に批准したのは2002年、ホーチミン市でのプロジェクト展開までに5年を擁した原因は何なのだろうか。市農林大学環境学科Vu Thi Hong Thuy教授は「排ガス事業がもたらす経済や環境への利益が重視されておらず、温室効果や排気量削減需要に関する認識が低いため」と述べている。

(Sai Gon Giai Phong)

(2008/01/17 08:21更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムホーチミン市、CDMプロジェクトを多数展開 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.