HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナムの10カ年戦略、持続的な成長を目指して


― 計画投資次官インタビュー ―

 政府は現在、10カ年(2011~2020年)の経済社会発展戦略を策定する準備を進めている。計画投資省Cao Viet Sinh次官にお話を伺った。

Q: 10カ年の経済社会発展戦略策定にあたっての問題点は?

A: 1991~2000年の第1回戦略を終え、現在2001~2010年の戦略を実施しています。経済は高度成長を続け政情も安定し、人々の生活も日々向上し、発展途上国の中でも目覚しい成果を挙げています。成長期に足を踏み入れましたが、エネルギー、環境・気候変動などの問題があり、チャンスが拡大する一方で潜在リスクも多くあります。

Q: 前回と今回の戦略にはどのような違いがありますか?

A: 所得面では、中所得国へ移行したところが戦略の出発点となります。2020年までの持続的な成長のための基盤作りでは、世界の平均的な発展国となること、国際経済との統合のなかでの競争力向上、2020年の工業立国など、これまでの2回の戦略とは異なる背景に関心を払わねばなりません。

Q: どのような発展モデルを定めるかが最も難しいといわれています。

A: 社会全体を方向付ける発展モデルの選択には重要な意味があります。全体的な発展モデルとしては、世界の精華とベトナム人の特殊な要求を結合したモデル、進歩社会や公平性、民主と高度経済成長、自然環境などを結合したモデルであるべきだと思っています。

Q: 重点的に進めるものは?

A: 主要な戦略任務と経済社会開発、環境保護について目標を定めなければなりません。一方で、インフラ整備や高度な人材、科学、技術など持続的な発展の基盤作りをより推進していきます。高度経済成長は各国との経済、発展の差を縮小するための優先目標です。持続的な成長は、ベトナムの発展の全過程で特に重視されなければなりません。

Q: 作業はすでに始まっていますか?

A: すでに準備が始まっています。首相は計画投資省に指揮をゆだね、私たちは研究者を招き意見を聞きます。戦略の策定にはこれまでの実績の評価が必要で、経済や社会、行政改革の調査資料、2009年に行われる国勢調査が重要になります。支援国会合でも支援を要請しました。

(Dau Tu)

(2008/01/05 01:25更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラム「日本の精神を持っている」と評価されるベトナム人実習生(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4626号 目次(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4624号 目次(06/24)
[事件と出来事ベトナム外務省、南シナ海での中国船による沈没事件で声明(06/21)
[クローズアップベトナム最新情報4623号 目次(06/21)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナムの10カ年戦略、持続的な成長を目指して 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.