HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナムでコンビニの開店ラッシュ、1~2年は赤字覚悟


 ホーチミン市で先ごろ、Vina流通社が運営するコンビニエンスストアV-24が2店舗オープンした。Tran Quoc Hung社長によると、今後3年間で520億ドン(約325万ドル)を投じ全国に400店舗展開する予定だ。

 香港Golden Resource Development InternationalグループのGR Vietnam Holdings Ltd.は、ホーチミン市食料会社と投資総額2,200万ドルで500店規模のコンビニチェーンを展開する合意書を交わした。

 2006年には、スーパーCitimartを運営するDong Hung商業サービス社が150億ドン(約94万ドル)を投じ高級アパート内にコンビニBest & Buyを10店舗オープンし、今後さらにベトナム石油総公社と共同で、ガソリンスタンド内での出店を進める。

 Pham Trang商業サービス社もすでに市内にSmall Mart 24h/7を10店舗持ち、2007年中に30店舗まで拡大する予定だ。2006年8月にはG7商業サービス社が、G7 Martの500店舗展開を発表している。

 Small Mart 24h/7のターゲットは月収200万ドン(約125ドル)以上の世帯で、半径5キロ圏内なら、新聞や牛乳、パンなどの宅配や集金サービスも利用できる。1店舗あたりの投資額は8億~10億ドン(約5万~6万2,500ドル)だ。

 V-24hは1,200~1,500点の商品が揃い、クレジットカード精算、保険販売などのサービスも提供、ATMも設置している。1店舗あたりの投資額は約2億5,000万ドン(約1万5,000ドル)で、ハノイ市、ホーチミン市、ハイフォン市、ダナン市、Nha Trang市、Vung Tau市などの大都市を中心に拡大中だ。G7は既存の食料雑貨店とフランチャイズ方式で契約(各加盟店の投資額は5,000万~1億5,000万ドン[約3,100~9,400ドル])している。 

 コンビニ経営は、開店時に設備や人材育成に多額の資金が必要で、食料雑貨店の利用者を取り込めず、効果的な経営ができていないなど課題も多い。専門家は、コンビニ経営は今が好機であるものの、消費者が慣れるまで今後1~2年は赤字覚悟も必要で、大規模投資による複数店の展開が効果的だという。各店舗の1日あたりの売上が平均1,000万ドン(約625ドル)なら1~2年で資本を回収できるが、実際は平均500万ドン(約313ドル)規模が多い。

 旧商務省の統計によると、国内の小売店舗数は▽コンビニ:約1,000、▽食料雑貨店:30万、▽市場:9,000、▽スーパー:200、▽ショッピングセンター:30となっている。新型小売店(スーパー、ショッピングセンター、コンビニ)での売上は全体の約10%に留まり、コンビニは多くの潜在性を秘めている。専門家によると、コンビニ1軒(店舗面積50~70?)で、半径100m圏内の住民1,000人に対応できるため、ハノイ市、ホーチミン市、ハイフォン市、ダナン市などの大都市では今後数千軒のコンビニ需要がある。

 業界関係者によると、ベトナムに適したコンビニモデルは、Vissanが2007年3月、ホーチミン市1区Nguyen Thai Hoc通りにオープンした生鮮食品も取扱うミニスーパー型だ。家畜の飼育から食品加工、青果物加工・販売までを一貫して手がける同社は、2007年中に100店をオープンする予定だ。

 Saigon Co.opは2007年中に、既存スーパー30店舗の他に、住宅地にコンビニ100店舗を展開する。同社はコンビニ開店にあたり、既存の設備利用により1店舗あたりの投資額を約4,000万ドン(約2,500ドル)に抑えられるという。

 Pham Ngu Lao通りやThai Van Lung通り、Le Thanh Ton通り、Phu My Hung地区などのコンビニは外国人客が多く、経営効果も高い。Shop & Go、A1 Mart、Homeなどは利用客の8割が外国人という。外国人専門家によると、ベトナムの小売市場は現状、小売企業にとって開拓の余地が大きい。現にMetroやBig C、Parksonなど小売チェーンの年間成長率は40~45%、年間利益は5億ドルに達する。

 CBRE Vietnamの調査によると、所得増と30歳以下の国民の半数以上が専門店やスーパーでの買い物を好むという消費動向の変化により、年間の個人消費額は20%増と好調に伸びている。国内の小売売上は2000年の150億ドルから2006年は360億ドルに成長し、2010年には500億ドルを超える見込みだ。AT Kearneyの調査によると、消費の対GDP比は70%で、タイの68%、マレーシアの59%、シンガポールの57%よりも高い。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)


(2007/12/12 05:11更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報4668号 目次(08/13)
[日系企業情報「ハローキティ」のテーマパークに着工、ハノイで2020年開園予定(08/12)
[クローズアップベトナム最新情報4666号 目次(08/12)
[社会とトレンドコーヒーチェーンで外資は苦戦、国内企業は善戦し海外進出(08/09)
[クローズアップベトナム最新情報4665号 目次(08/09)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナムでコンビニの開店ラッシュ、1~2年は赤字覚悟 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.