HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

裾野産業、ベトナム企業は立ち遅れ


 品質管理、コスト削減、納期厳守はベトナム企業の大きな課題だ。生産分野の内地化率は現在、価値の22.6%と他のASEAN諸国と比較して低い。

 深刻なのは情報不足で、これが外資メーカーと国内供給企業間のハードルになっている。日本貿易振興機構(JETRO)がベトナムで活動中の日系企業、及びベトナム、台湾、マレーシア企業に対し行った裾野産業の調査から、これらの基本的な問題が浮かび上がった。

 2020年までの裾野産業発展計画が承認され、生産や外国投資誘致について、ベトナムが強みを持つ一部主要分野に対する発展目標が定められたにもかかわらず、日本企業は、部品供給元となる、優れた国内企業を探すのに困難を強いられている。

 報告によると、日本や第3国からの供給ではコストが高く、人件費、材料費の上昇もあることから、企業は現地調達に力をいれている。だが現在、これらの供給元となっているのは主に、ベトナム投資した日本のメーカーとともに進出した企業である。
 
 これにASEAN諸国で日本企業と取引を持つ台湾、マレーシア、中国などの企業があり、最後にようやくベトナム企業が登場する。

 「国内企業の供給の大半は、包装材や段ボール、紙、従業員用の靴や制服、手袋といった消耗品で、一部企業から金型やプラスチック製品を購入できるものの、日本や台湾企業からの供給がほとんど」とJETROは報告している。
 
 ベトナム企業が供給できない理由には、日本が安全性や環境配慮を重視し、使用する原材料に厳しい基準を設けていることもある。原料や分析資料の提供について、ベトナム企業の全てが対応できるわけではない。

 多くの日系企業は電話帳を使い、あるいは従業員の個人的なつてを利用し取引先を探している。ある日系企業は、適した企業を見つけるまでに100社訪問しなければならないと述べている。民間企業にとって、この作業はコストと時間の莫大な浪費になる。

(Dau Tu)

(2007/11/27 03:20更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 裾野産業、ベトナム企業は立ち遅れ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.