HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム国家主席が25日に訪日、天皇陛下・首相と会談


 外務省によるとNguyen Minh Triet国家主席と夫人は11月25~29日に訪日する。天皇皇后両陛下と会見し、宮中晩餐会も催される。主席は福田首相とも会談する。

 日本は、Triet主席の訪日に大きな期待を寄せている。ベトナム通信社の取材に対し日本外務省の坂場報道官は、天皇陛下のお言葉に沿い「Nguyen Minh Triet国家主席の訪日が、日越関係を一層強固なものにすることを信じています」と答えた。国家主席の訪日は、1973年の国交樹立以来初めてとなる。

 坂場報道官は、1993年当時のVo Van Kiet首相の来日が重要な節目だったとしている。Phan Van Khai元首相は6回訪日し、昨年のNguyen Tan Dung首相の訪日では戦略的パートナーシップに向けた共同声明が発表された。Triet主席の訪日は、また新たなターニングポイントとなるだろう。

 坂場氏によると、昨年のAPEC開催で地域のリーダーとしての役目を果たし、2008年には国連の安保理メンバーとして国際問題の解決に力を発揮することになるベトナムについて、日本は国際社会の問題に関しさらに協力したい考えだ。

 日本は最大の対越ODA供与国である。これまでのODA約束額は約110億ドルで全体の35%を占めている。2006年の日本によるベトナム投資は13億4,000万ドルで全体で3位、実行率はトップだ。1988~2006年で見ても実行率は65.1%で最高、これにシンガポールの45.7%、台湾の33%、韓国の25%が続く。

 坂場報道官は、現時点で正確な金額は言えないが、年末の会議で発表される対越ODAは、引き続き大きなものになるとしている。

(Tien Phong/Nguoi Lao Dong)

(2007/11/21 06:09更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム国家主席が25日に訪日、天皇陛下・首相と会談 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.