HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナムのWTO加盟から1年、成果と今後の試練


― 国会対外委員会Ngo Quang Xuan副主任インタビュー ―

 ベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟から1年、加盟に尽力した国会対外委員会のNgo Quang Xuan副主任にお話を伺った。

Q: 加盟を不安視する声も多くありましたが?

A: 不安や心配には根拠があります。WTO合意を実施するのが簡単でないこと、新多角的貿易交渉(ドーハラウンド)のような複雑で難しい通商交渉で、利益確保に向け直接交渉にのぞまなければならないこともあります。

 ですがここ数年、国際的な価格変動などがある中でもベトナム経済は成長を続けています。今年の経済成長率は8.5%で、外国投資と輸出は記録的に伸びています。加盟から1年、ベトナムはひとり立ちしたという安堵の声も聞かれます。

Q: これからの課題は?

A: 計画に沿い合意の実現を進めて行くなかで、銀行、サービス、通信市場の開放など影響の大きい分野にも取り組みます。国際市場では、質と価格の競争が激化しています。

 ベトナムの輸出品は農産品と労働集約型の製品が大半ですが、この分野に強い国は多く、輸入品に対する保護も強めています。国内市場での競争も、日増しに激しくなっています。

Q: WTO合意の実施に関する行動計画が適当ではないと指摘する専門家もいます。

A: その指摘は正しいと思います。政府はWTOテクニカルサポート委員会を設立し、多くの省庁や地方でも行動計画を策定しましたが、優先項目が多く存在し、うまく機能していません。WTO加盟は、最優先事項であるべきだと思いますが、商業・投資・観光どの分野も旧態依然のままです。

Q: そのなかで、商工業省が重要な存在になると思いますが?

A: WTO加盟交渉では、▽関税(財務省)、▽サービスおよび市場開放(商務省)、▽工業製品(工業省)、▽農産物(農業農村開発省)という4本柱がありました。商務省と工業省が統合した商工業省は、WTO合意に大きくかかわります。

Q: WTO加盟は国民にとって意味のあるものなのでしょうか?

A: 農業国ベトナムが重視すべきは、農家の利益を確保することです。WTO加盟について、何を得て、何を失ったのかまだ理解されていません。

 政府はこれまで農家の支援に力を入れてきましたが、WTO加盟により農家支援策の問題点が明らかになってきました。農業分野を強化することで、WTO加盟が農家にとって本当に意味のあることだと受け止められるでしょう。

(Nguoi Lao Dong)

(2007/11/15 06:40更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラム「日本の精神を持っている」と評価されるベトナム人実習生(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4626号 目次(06/24)
[クローズアップベトナム最新情報4624号 目次(06/24)
[事件と出来事ベトナム外務省、南シナ海での中国船による沈没事件で声明(06/21)
[クローズアップベトナム最新情報4623号 目次(06/21)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナムのWTO加盟から1年、成果と今後の試練 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.