HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナム:ドイモイから20年、節約から消費へ


― 史学者Duong Trung Quoc氏インタビュー ―

 史学者Duong Trung Quoc氏に、経済発展がもたらした消費主義についてお話を伺った。
 
Q: 経済発展による変化を教えてください。

A: この数年で人々の生活は大きく変化し、考え方や選択肢が多様化しました。将来に備えて節約するという考えは過去のものとなりつつあり、生活レベルの向上に関心が高まっています。

 市場経済の導入で人々の意識や価値観、行動は変わり、社会は大きな変化を遂げつつあります。商品経済が社会全体に広まり、人々は自分でライフスタイルを選択し、お金さえあれば何でも買える時代になりました。

Q: 自転車にナンバーが付いていた時代から、自動車のナンバーに良番を選ぶ時代となり、また、政府から住宅が支給された時代から、ヴィラや高級マンションを選ぶ時代になりました。

A: ベトナムは戦後を乗り越えただけでなく、ドイモイ政策によりこの20年で世界に類を見ないほどの急成長を遂げました。スタート地点を考えれば、ここまで成長できたことは評価に値します。

Q: 多くの先進国で、消費主義の二面性が警告されています。消費主義の歴史が浅いベトナムで、貧富の差や価値観の違いなどに懸念は?

A: 消費主義は生産を促進するメリットがありますが、浪費を誘発しないよう留意する必要があります。人々は明るい未来を想像し、それが社会発展の原動力となりますが、バランスが大切で、理想が高すぎれば現実とのギャップで様々な問題が生じます。

 貧富の差が生じるのは当然のことで、どのような社会でもすべての人が平等になることはできません。そこで重要になるのが富の分配で、社会全体が豊かになるという認識を育てなければなりません。

(Lao Dong)

(2007/11/08 06:13更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務 日本に技能実習生を派遣する悪質な仲介業者(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4648号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4647号 目次(07/20)
[クローズアップベトナム最新情報4646号 目次(07/20)
[事件と出来事突然の全面禁止、企業を悩ませるベトナムの規定(07/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナム:ドイモイから20年、節約から消費へ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.