HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナム環境警察、活動いよいよ本格化


― 環境警察局Nguyen Sy副局長インタビュー ―
 環境汚染問題に関し、新たな住民の訴え先ができた。それが、環境警察である。環境警察局(公安省)Nguyen Sy副局長に、お話しを伺った。

Q: 主な活動は?

A: 設立以来、環境汚染に関し多数の訴えを受け取っています。現在の業務はパトロールと環境汚染状況に関する基本捜査が中心で、主にハノイ市、ホーチミン市の一部に集中しています。捜査を経て提案や具体的な処分を行い、これに加えて廃棄物輸入など個別のケースに関する捜査も行っています。

Q: もう少し詳しく教えていただけますか?

A: 廃棄物輸入はベトナム企業によるもので、「商品」は主に外国で使用済みの、または捨てられたバッテリーです。輸入業者は、輸出業者から廃棄物受け入れで金をもらい、国内の廃棄物購入者に売却することでまた金を得ています。利益の多いものであるだけに、あらゆる手段で廃棄物を輸入しようとするのです。

Q: 基本捜査は?

A: 我々が捜査したところでは全て、環境保護規定違反が見つかっています。このなかには病院も含まれています。生産施設からの廃水、排気はほぼ無処理、処理設備があっても、コストが多額になることから運転していないケースもあります。ほかにも資源の違法開拓や食品安全衛生に関する違反など、重大な多数の違反例が確認されています。

Q: 起訴に至ったケースは?

A: まだありません。実のところ我々はまだ本当の意味での捜査機関ではなく、捜査後は規定に沿い他の捜査機関に送致せねばなりません。行政処分についても、環境警察の権利については規定がありません。これは今後近いうちに改正されるでしょう。

 住民から環境汚染について訴えがあり、自治体が解決に乗り出したものの上手くいかず、我々が出向いたところ、生産施設側が自主的に回復措置をとったり、生産停止したりしたケースがあります。これは喜ぶべきものですが、我々は環境保護に関して、事業者側の意識向上をより重視しています。

Q: 隊員は公安の他部門から選抜されています。業務に対する専門性は?

A: 隊員には環境分野で業務を行った経験のある者、同分野で学位を取得している者がいます。その他の者に関しては、業務に対応すべく講習会やトレーニングを行い、基本知識を身に付けさせています。あまりに大きく、能力を超えるようなケースに関しては、専門家を招いて支援を受けます。

(Tuoi Tre)

(2007/07/24 05:44更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[人事・法律・会計・労務Facebook、違法広告掲載で公安から警告(04/19)
[クローズアップベトナム最新情報4576号 目次(04/19)
[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナム環境警察、活動いよいよ本格化 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.