HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

ベトナム国家主席訪米、二国間関係は大きな変化


― CNNコメンテーターインタビュー ―

 Nguyen Minh Triet国家主席は6月24日、ハノイに戻り、訪米日程を終えた。ベトナム国家元首の公式訪米はこれが初めて、両国関係は新たなステージに入った。

 訪米では政治、経済・貿易、科学技術、教育、戦争被害の回復など各方面での関係強化に向けた措置に言及され、貿易投資枠組協定(TIFA)をはじめ多数の合意が交わされた。同行したベトナム企業団が米企業と交わした契約・合意は計110億ドルに達した。

 米メディアの関心も高く、『Wall Street Journal』は「ベトナム:昇るアジアの新星」と題した4ページの特集を組み、CNNも主席滞在中、ベトナムの20年の改革の成果に焦点をあてた映像を放送した。

 主席訪米についてCNNがコメンテーターとして招いたFund for Reconciliation and Development(FRD)のJohn McAuliff氏にお話を伺った。

Q: 越米関係の変化をどう分析されますか?

A: 経済のみならず多方面で、二国間関係の大きな変化が感じられます。例えば現在、両国はともに地域の安定を望んでいます。タイ、フィリピン、インドネシアではイスラム過激派が大きな問題になっています。これらASEANの大国は、いずれも安全保障の面で問題を抱えていますが、ベトナムは唯一、この問題がありません。

 米国は地域安定に関し、様々な角度から見てベトナムを、安全については今後30~40年間、最も信頼できる場所と見ています。また多数の大国にとってベトナムは、地理的、政治的に非常に重要な位置を占めています。

Q: これ以前のベトナム首脳の訪米と比較して。

A: Triet主席は今回、記者のインタビューに喜んで答えていました。一般と接する活動も多く、なかには入場自由、意見・質問可というものもありました。この意見交換が100%成功したとはいえないでしょうが、Triet主席が、米国人の考え方やライフスタイルをよく知る、新世代の代表であることは明確に感じられました。

Q: 一部米議員も問題提起しているように、宗教や人権の観点の相違は両国関係に影響を与えるとお考えですか?

A: そうは思いません。現在の二国間関係においては、経済、政治、戦略、文化的利益など、より重要なものがあります。また米国に住む200万のベトナム系の人々は、いずれもベトナムとの関係が良くなることを望んでいます。そしてこれが、両国関係の障害を乗り越える助けとなる重要なことだと思います。

Q: ベトナム戦争はまだ両国関係に影響しているとお考えですか?

A: ベトナム人より米国人により大きな影響を与えていると思います。ベトナムは、侵略に対する戦いで退けた国と平和、友好関係を築くという伝統を持っています。

Q: 今回の訪米で特筆すべきことは? 貿易投資枠組協定(TIFA)締結でしょうか?

A: ホワイトハウスでの両国元首の会談でしょう。昨年11月のブッシュ大統領の訪越およびTriet主席との会談も、今回同様に重要なものです。両国関係の完全な正常化を、トップレベルで正式に認めたといえるものだからです。TIFAは、今後の経済協力に対する長期的な基盤となるものです。

 一部には、ブッシュ大統領が晩餐会を開かなかったと指摘する声もありますが、食事会を催すのが好きだったクリントン前大統領と異なり、ブッシュ大統領が晩餐会を開くことは稀です。

 ブッシュ大統領は枯葉剤についても言及しました。大統領が直接この問題についてメディアの前で触れたことは、「何をすべきか」を米政府がすでに認識していると認められるものです。

Q: Triet主席に対する評価を。

A: 催しでは、自身の役割を存分に発揮しておられました。個性を持ち、参加者とのやりとりも非常に良いもので、発表も内容がありました。

 ベトナムの現実的な困難と、その潜在力についてバランスをとることを知っており、非常に優れた手法だと思います。人権などデリケートな問題についても率直に答えられ、過激な人物がいた際にも冷静を保ち、非常に上手く対応しました。

(Lao Dong)


(2007/06/27 08:06更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)
[クローズアップベトナム最新情報4574号 目次(04/17)
[日系企業情報日系企業で働く工員、年末の楽しみ(04/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > ベトナム国家主席訪米、二国間関係は大きな変化 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.