HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

ベトナム:輸入果物も「黄信号」、当局の対応に遅れ


 ホーチミン市Thu Duc農産物市場では内外産の果物を多数扱っているが、その中心が中国産のものだ。

 中国産果実といえば、リンゴやなし、オレンジ、みかん、ぶどう、桃、プラムなどを思い浮かべるが、オレンジひとつとっても皮が青いものや、小さいものなど様々な種類がある。

 同市場で商いをするNhoさんは、「卸売市場の大倉庫では中国産果物を1度に15~20トン輸入する。中国産は皮が固く、しっかりしており小売業者は購入から10日たっても新鮮なまま販売でき、1カ月近くたっても鮮度を保っている」と話す。輸入果物は値段も手頃で艶が良いため、目をひくという。

 Binh Thanh区Ba Chieu市場で果物を販売するTu Trinhさんは、「1ケース20キロ位の輸入果物を20ケースほど置いている。農産物市場で仕入れ、売れ残って倉庫に置いていても20日くらい持つ。『輸入果物は厳しい検疫がなされ、基準を超える有毒物質を含まないので安心して食べられる』と好まれてますよ」と話す。

 だが我々の調べでは、輸入果物、特に中国産のリンゴやなしは、皮は硬く見た目は新鮮だが、中は干からびたり腐ったりしていることがあることがわかっている。これらの果物が保存料をふんだんに使っていることは間違いないだろう。

 保健省食品安全衛生局は先日、「中国産リンゴ、なしのサンプルのうち基準値以上の保存料Carbendazimが検出されたのは45.8%、また75%から食品保護薬が検出された」と発表した。

 ホーチミン市Le Truong Giang保健局長は、「今は数種類のみの検査段階で、市場に出回っている輸入果物にどんな保存料が使われ、どんな影響があるのかはまだわからない」と警鐘を鳴らす。同市食品保護支局が中国産のリンゴやなし、オレンジを簡易検査したところリン、Carbamate系の物質が検出されたが、その物質や量は特定されていない。
 
 市場に出回る食品に保存料が使用されていることは確かだ。だがそれがどんな物質で、健康にどんな影響があるのかがまだわかっておらず、今のところ打つ手無しの状態だ。

(Tien Phong)


(2007/06/18 07:21更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)
[クローズアップベトナム最新情報4574号 目次(04/17)
[日系企業情報日系企業で働く工員、年末の楽しみ(04/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > ベトナム:輸入果物も「黄信号」、当局の対応に遅れ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.