HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

インタビュー

世界はベトナムの成功を認知すべき


― ヒル米国務次官補インタビュー ―

 5月24日、ベトナムを訪れNguyen Minh Triet国家主席やベトナム高官らと会見した米国クリストファー・ヒル国務次官補が、両国関係についてインタビューに応じた。

Q: Nguyen Minh Triet国家主席との会談では、近く実現する主席訪米についてどのような話があったのでしょうか?

A: 会談で国家主席の訪米について話し合いましたが、具体的な日程は未決定で、今後、ハノイとワシントンで引き続き協議します。

Q: 国家主席訪米は両国の経済、貿易関係にどんな影響を与えるとお考えですか?

A: 両国の経済・貿易関係は、特にベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟以降良好なものになっていると思います。昨年のPhan Van Khai首相(当時)の訪米をはじめベトナム高官の訪米は、米国民のベトナム理解の良い機会となりました。ベトナムは自国の経済発展を誇り、世界はもっとベトナムの成功を認知すべき時にきていると思います。

Q: ベトナムの国連安保理非常任理事国入りについてアメリカの反応は?

A: ベトナムが国際社会において重要な役割を担うことを支持しています。ベトナムはすでに成功を収めている国であり、高官との会談の場でも、両国の問題だけでなく様々な問題を話し合っています。

Q: 人権問題に関連して、一部米国議員に国家主席の訪米阻止の動きがあるようですが?

A: 訪米は国務省の決定ではなくブッシュ大統領の招きによるものです。人権問題については、両国が理解を深められるよう、話し合いを続けるべきでしょう。

Q: 北朝鮮問題に関してベトナムはどのように対応すれば?

A: 今回の訪越の目的ではありませんでしたが、外務省との会合でこの話題を取り上げました。北朝鮮は今、国際原子力機関(IAEA)に対し核施設稼動停止を表明すべき時にあります。彼らもベトナムの積極的な姿勢、手法を見習い、発展の道をたどるべきでしょう。


(Tuoi Tre/Tien Phong/Sai Gon Giai Phong)

(2007/06/04 07:09更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンド日本食人気が拡大、背景に“安心安全”日本ブランドの信頼(04/18)
[クローズアップベトナム最新情報4575号 目次(04/18)
[政治・経済2019年のホーチミン市不動産市場は大きく変動(04/17)
[クローズアップベトナム最新情報4574号 目次(04/17)
[日系企業情報日系企業で働く工員、年末の楽しみ(04/16)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > インタビュー > 世界はベトナムの成功を認知すべき 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.