HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:ソフトウェア分野の発展、カギは人材


 2000年頃には、IT分野で遅れをとっているとされたベトナムだが、企業努力、また政府がIT産業を経済のけん引役と位置付けるなど、様々な政策によりIT分野は飛躍的に発展した。

 現在国内に存在するソフトウェア関連企業は2,000社、うち700社が生産を行い、数十社でエンジニアを500人以上雇用している。エンジニアが2,000人を超えるFPTは東南アジア最大規模のソフトウェア企業といえる。

 ベトナムソフトウェア企業協会(Vinasa)の2006年の統計によると、ソフトウェア産業の年間成長率は30%、売上高は3億ドル、うちソフトウェアの受託開発・輸出で9,000万ドルを占める。

 ソフト大国・日本は、魅力的なソフト委託開発先としてベトナムを中国、インド、韓国に続く4位に挙げている。アメリカKearneyグループは、ソフトウェア開発・サービス分野で、世界で最も魅力的な20カ国の一つに数えている。

 専門家によるとMicrosoftやOracle、Intelなどの世界大手はいずれも、ベトナムを安心して投資できる国と認めている。人材でも注目を集めており、Vinasaによるとソフトウェア分野での人材の質も上がっている。国際的に表彰されたエンジニアも少なくない。

 ベトナム政府はソフト産業成功のカギは人材が握っていると見ており、企業も人材育成、生産拡大に力を入れている。政府は2010年までにソフト産業に7,000万ドルを投じ、年成長率35~40%、売上8億ドル(うち輸出40%)を目指す。また同年までにソフト委託開発・サービスで魅力的な国のトップ15入りするという目標を設定している。

 FPT大学の設立など、政府と企業の目標に向けた歩みは順調だ。Vinasaも国際水準の大学設立を進めており、またHoa Lacハイテクパークは日本を中心とする世界各国から投資を誘致している。


(Lao Dong)

(2007/05/16 06:21更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:ソフトウェア分野の発展、カギは人材 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.