HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:国産青果物、輸出拡大に向けて


 豊かな土壌に温暖な気候と青果物・花卉生育に有利な条件が揃うベトナムだが、輸出額は低い。現在、国内には果樹園68万ha、野菜・花卉栽培園が76万5,000haあるが、主な供給先は国内市場だ。

 青果物・花卉輸出は成長も鈍く、▽2004年・1億7,800万ドル、▽2005年・2億5,000万ドル、▽2006年・2億8,000万ドルといった具合だ。輸出先は主に中国、日本、台湾、シンガポールだが、缶詰・乾燥物が中心で生鮮品は少ない。

 収穫後の保存、食品の安全など生産・輸出発展のための投資は少なく、青果物・花卉の輸出能力には限界が見えている。ベトナム産青果物・花卉は、保存面の問題から中国国境で安値で買い叩かれており、この状況を打破するには、品質保証のための国境での保存・取引センター建設が急務だろう。

 メコンデルタ地域で大きな果樹栽培面積を持つVinh Long省でも、輸出割合はわずか10%、残りは全て国内向けだ。Binh Thuan省はドラゴンフルーツ園が7,000haあり年間収穫量は12万トン、同省のドラゴンフルーツは知的財産局からも国家的財産として認められているが、輸出量はわずか2万5,000トンのみで、主な輸出先は中国だ。

 一方ロシア、タイが中国からベトナム産ドラゴンフルーツを買い入れ、他国に転売するという悲惨な現実もある。

 輸送料の高さも問題だ。冷蔵車で果物をホーチミン市からLang Son省国境まで陸輸すると、費用は1台あたり最低でも3,500万ドン(約2,190ドル)かかる。5つ星ホテルや輸出用に野菜を出荷するLam Dong省Hung Thien社によると、シンガポールに輸出する場合、数時間で届くマレーシア産品との競争を強いられる。

 鮮度を保つには空路もあるが、輸送費は3.5ドル/kgまで上がり、海路だと35セントだが日数がかかる。国内でも空輸は高く、商品価値8,000ドン/kgの青果物をLam Dong省からハノイ市・ホーチミン市まで運送するのに1万2,000ドン/kgの輸送費がかかる。

 商務省は2010年の青果物・花卉目標輸出額10億ドル達成を目指し、青果物・花卉生産と輸出発展計画の草案をまとめた。これによると政府は、ホーチミン市、Lam Dong省、Lao Cai省でモデル農園・企業、保管センター、出荷拠点整備に資金を投じる。

 Luc NganやThanh Ha産のライチ、Binh Thuan省のドラゴンフルーツなど特産品を生産する企業に特に資金を投入し、市場でシェアと信頼感を得られている民間企業に対する外国経営コンサルタントの派遣なども行っていく。

(Sai Gon Giai Phong)

(2007/05/03 07:12更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:国産青果物、輸出拡大に向けて 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.