HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:外資銀行設立への期待


 世界貿易機関(WTO)加盟時の合意により、今年4月から外資100%銀行の設立が認められる。これが国内銀行にどのような影響を与えるのだろうか。

 国家銀行Le Duc Thuy総裁によると、すでに10件近くの外資100%銀行設立申請があるが、外国の親銀行は申請直前年の総資産が100億ドル以上あることなどの条件があり、今のところ認可に至るものはない。

 総裁は、銀行業界が今後健全化していくとの見方を示しており、国家銀行は、銀行業界の持続的な発展・システム構築に向け、より確実で明瞭な規定を設ける方針だ。専門家や国内商業銀行トップも、将来を楽観視する向きが多い。

 Asia Financial Groupの専門家Tepal Sigh Hora氏は、外資100%銀行に国内行は財力、経験で太刀打ちできないが、マネジメント・活動・人材育成方法など学ぶことは多いという。

 現在国内行間での人材の移動は活発化しており、これに外資銀行が加われば、国内銀行にはないものを学ぶ絶好の機会を得ることになる。

 現在銀行サービスを利用しているのは国民のわずか8%、銀行決済の90%は現金によるもので、商業銀行の売上50%が大都市からのものだ。現状から見て、銀行の潜在性はまだ大きく、業界発展に向けそれぞれの銀行が商品・サービス充実と活動規模拡大に力を注ぐことが必要だろう。
 
 イギリスの金融専門家Stephane Bon氏は、外資銀行に対する市場開放に2つの可能性を指摘する。ひとつが、外資銀行が市場を支配してしまうというもので、もうひとつが、内外行で住み分けが進むというものだ。

 Bon氏によると、ベトナムでは後者になる可能性が高く、外資行はベトナムで活動する外資企業の多く、または国内行に足りない商品で市場を獲得するということが考えられる。

 VP BankのLe Dac Son頭取は、競争力向上に不可欠な新商品開発のためには外資銀行と協力関係を持ち、彼らから多くを学ぶことが必要と話している。


(Ha Noi Moi)

(2007/04/06 07:17更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[社会とトレンドグエンフエ通りの歩行者天国、週末の夜は車両通行を禁止(05/24)
[クローズアップベトナム最新情報4600号 目次(05/24)
[社会とトレンドベトナム人の記憶に残る日本人記者(05/23)
[クローズアップベトナム最新情報4598号 目次(05/23)
[政治・経済フランスのTotal社、ニントゥアン省で大規模なガス火力発電所(05/23)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:外資銀行設立への期待 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.